日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
「珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション 展」@智美術館にて
映画「トップガン」と現代陶芸


現代陶芸の収集家として知られ、
メセナ活動を通じて現代陶芸家たちを支えてきた菊池智さんが、
昨年夏、93歳で亡くなった。


その智さんみずから2003年に開館させた菊池寛実記念 智美術館では現在、

珠玉のコレクションの中からさらに選りすぐりの名品が集められた
「珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション 展」が開催されており、

現代陶芸のために尽力した故菊池智さんの功績を偲ぶ機会となっている。



IMG_3335.jpg 


今回、本展内覧会の機会を得て、ギャラリートークを拝聴。

中でも印象的だったのは、智さんが陶芸の中でも現代に拘った理由。
歴史をなぞる作業が伴う昔の陶芸作品とは異なり、現代工芸には、

「何に出会えるかわからない面白さがあったから」、というくだり。


リアルタイムだからこそサプライズがあり、共感できる。
ああわかるなぁ、と思った。
私自身、それをつい最近実感した。

といっても、全然違うコンテキストで。



それは週末BS NHKで放映されたトム・クルーズ主演「トップガン」を見たときのこと。

最高潮のシーンで、シラけている自分がいた。

かっこいい音楽を流し、さっそうとした戦闘機の場面で若者たちが盛り上がっている。


この映画って、ただそれだけ?
もっと起承転結、ドラマ性、練られたシナリオはなかったっけ?

でもそうなのだ。どうやら、ただかっこいいだけの映画だったらしい。


でもなんだろう、昔、リアルタイムで見た時のあの感激、興奮。

音楽やスタイルが時代性に合っていた、トム・クルーズという新星にインパクトがあった、
そして自分自身の珍しい映画体験とか、
そういうのがすべて合致したからこその感動。

DVDなどでなく、リアルタイムで見ないとあの感動はもう再現できない。
新作には新作しか持ちえないパワーがあるのだなぁ・・。



この感覚は菊池智さんの言葉とほんの少しだけつながるのでは?


現代芸術の新作には、古いカタログに出てくる桃山時代の逸品にはない
時代の勢いや同時代だからこそ感じ取れる微細な空気感が備わっていて、
既視感がないだけに、
瑞々しい感動をもたらしてくれることがある。


古いものはいくら名作でも新作にかなわないものがある、
それはきっと映画も現代陶芸も変わらない。
映画だって芸術作品の一部なのだから。



さらに智さんは、高級ブランド、シャネルのピグマリオンプログラム
(若手芸術家支援プログラム)と共通する活動もされてきた。

作家さんたちともじかにふれあい(これも現代芸術ならでは)、
若い作家さんに目を付けたりもしていたそうで、さらにビエンナーレ活動もされていた。

なによりこうした発表の場としての美術館が存在するだけで、
現代陶芸家にとってモチベーションになってきたことだろう。


そして今回の展覧会で、菊池智さんがおっしゃっていた
「何に出会えるかわからない面白さ」を感じる作品に
出会ったのだった。


(つづく)

====


「珠玉の現代陶芸 マダム菊池のコレクション 展」
菊池寛実記念 智美術館
会期 :  2017年6月10日(土)~ 9月3日(日)
休館日 :  月曜日(ただし7月17日は開館)、7月18日(火)
 開館時間 :  11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料 :  一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円

その他ナイトミュージアム、ギャラリートークあり



2017.06.13 Tue | Private| 0 track backs,
東大で驚いたこと
今日東大のトイレに入って驚いたこと。
トイレットペーパーの外紙に
東大のイチョウマークがついていた。

流石東大、オリジナルのトイレットペーパーか。

もっとも今まで東大でトイレに入ったことは何度もあるけど、
(といっても、主に道隔てて途端に地味な雰囲気漂う弥生キャンパス)
こんなのは今回が初めて。

メジャーな建屋だったせいだろうか。

.
2017.06.12 Mon | Private| 0 track backs,
写真家ソール・ライターの言葉が素晴らしい

Bunkamuraミュージアムのソール・ライター展に行き、

壁に書かれた本人の言葉に感銘を受けた。


IMG_2451.jpg 



● 神秘的なことは馴染み深い場所で起きていると思っている。

何も、世界の裏側まで行く必要は ないんだ。


そして、


● 写真を見る人への写真家からの贈り物は

日常で見逃されている美を時々提示することだ



こんな言葉を脳裏に刻んだ後、外に出た。

町の風景が変わった、と感じた。


ライターの写真は、本当に身近なシーンを切り取っているのに

どれもこれもが美しく、詩情豊かで心に響く。



きっと私の日常風景も本当はモノトーンなんかではなくて、

きらめきがいたるところにあるのだろう。


でも美の心がないから、色あせて見える。

心の目を養えば、見慣れていたはずの風景も

変わって見えるのだろう。


カメラをもって近所をうろつきたくなった。



● 幸せの秘訣は何も起こらないことだ


これは一理あるなぁ。

穏やかな心ぶれない日々、あこがれる。



● 美術の歴史は色彩の歴史だ。洞窟の壁画にでさえ色彩が施されている


この言葉は、何人かの美術家の口からきいたことがある。

ちょっと言い方は違うけど、

人類の美の原点はアルタミラの洞窟である、とか。


草創期から人類は美を求めてきた。

生活に不可欠というわけでもないのに。

せっかく人間として生まれてきたからには、

その美の心を忘れたくない。



● 無視されることは偉大な特権である


これは画家の人生を投影している言葉。


大きな雑誌社との契約を打ち切り、

安定的な収入源を断ち、作品を発表することも

ある時期から辞めて

ひたすら写真撮影と絵画に向き合ったライター。


自由でいることが財産であるかのように。


-----


それにしても久々に感動した写真展だった。


雨粒、傘、雪、庇、など、

風景の間にフィルターを置くことで、

現実世界に不思議な演出が施され、

生み出されるポエジー。


さらに、写真の切り取り方が独特で、

感動的だった。


絵を描き続けた写真家ならではの

独特の美的感覚だ。


ナビ派や浮世絵の風味が加わって、

どこか絵を見る感覚だった。


結局3回見に行ってしまった。

あんな素敵な写真を撮ってみたい。



IMG_2453.jpg 


2017.06.11 Sun | Private| 0 track backs,
清澄庭園の大正記念館でケーキを頂く
清澄庭園には大正天皇の葬儀に使われた建物=大正記念館がある。

正確に言うと、実際に葬儀で使用された葬場殿は
戦火で消失し、これは再建されたもの。

とはいっても皇后の葬儀の時に使用した葬場殿の材料を
使用した上で再建したそうだ。

現在清澄庭園入ってすぐ左手にその大正記念館はある。

直線使いが印象的。
シャープな造形の建屋に、
ところどころ使われた木目がぬくもりを与えている。


P1880302.jpg 


通常は開いていないのだけど、
ゴールデンウィークや人手の多い季節に
休憩どころとしてオープンする。

中に入ると、風景画を眺めるがごとく。


IMG_5900.jpg 


窓際の席で一服。
あんみつ、白玉など和的なデザートもあるけれど、
珈琲+ケーキにした。

IMG_5916.jpg 


シブーストとベリー系のケーキ。
普通においしくて、なるほど食べログに出ているわけがわかった。

IMG_2797.jpg


そう、この大正記念館を検索すると
食べ物の場所としてヒットする。
いつでも開いているわけでないので要注意。

風景がごちそうで、天気のいい日に景色を眺めつつ食べるケーキは
とっても美味でした。

しかもケーキセットは600円。
場所のわりに良心価格なのだった。


IMG_5922a.jpg 


涼亭の脇にはアオサギが陣取り、
置物的な雰囲気をかもしていた。


P1880182.jpg



緑滴る季節。
木々が発散するエネルギーで、充電のひととき。

P1880272.jpg

2017.06.10 Sat | Private| 0 track backs,
小石川後楽園の花菖蒲
最近庭園ハンティングに興じている私。

先日 六義園ではさつき、あじさい、小石川後楽園では花菖蒲を堪能した。

これまで花菖蒲というと東御苑に見に行っていた。
小石川後楽園も花菖蒲園が有名だというのは今年初めて知る。


IMG_3191.jpg


比較すると、

東御苑は様々な種類が少しずつ。
至って上品に植えられている。

以前の東御苑(アヤメと書いてたけど花菖蒲だった):


 IMG_3189.jpg


一方小石川後楽園の方は
なかなかワイルドな咲きっぷりだ。

IMG_3187.jpg 


同じ種類がまとまって小分けにされて咲いている東御苑スタイルではなく、
多少かたまってはいるものの、
広い敷地を与えられて好き勝手に咲いている感じ。


IMG_3184.jpg


ipadのパノラマ機能を珍しく使ってみた。


IMG_3180.jpg


よそ行きの(かなり立派な)東御苑に対し、
普段着の小石川後楽園。

小石川後楽園というと、
紅葉としだれ桜の名所として認知しており、
それぞれの季節=春と秋にしか行っていなかった。

IMG_3190.jpg



でもほんの10分でも覗いてこようという気にさせる庭園パスのおかげで
意外な季節に意外な発見がある。


IMG_3151.jpg 



なにしろ清澄庭園や芝離宮は入場料がたったの150円なので、
4000円の庭園パスはまだもとはとれていないけど、
このパスのメリットはコストではないと気が付いた。


IMG_3133.jpg


構えずに、つまりわざわざお出かけのための時間を設定せずとも、
ふらりと何かのついでに空いた時間に行くその気軽さが利点なのだ。
行っても5分しか滞在できないと知っていたら、きっと初めから行かないだろうから。


IMG_3130.jpg


春から初夏にかけて庭園巡りは忙しい。
芽吹き始めるとあとは一気に様々な花の饗宴になる。

夏になると、庭園めぐりも一旦下火かな。
あとは秋まで待つ感じだろうか。

庭園は、夏の花とはあまり縁がない印象がある。

2017.06.09 Fri | 国内探索| 0 track backs,
西武デパートのフルーツセット いろいろ入って1000円、が好き!
デパートの地下で、よくフルーツまとめて1000円セットを販売している。
東武、西武、伊勢丹、三越、松坂屋デパート、ヒカリエなどで買ったけど、
行けば必ずやっている西武が気に入っている。


でこぽん5つで1000円とか、
メロンx2つで(大小)1000円とか、
ぶどう、みかん、バナナ、マンゴーとかあれこれ入れたアソートとか。


スーパーよりも質がいいことが多く
下手をするとお安い。


いろいろ入ったアソートは、
ひとつずつ買うと1500円ぐらいなのに
まとめ買いでお得という仕組みで、
入っている中味がボックスによって違うので
いろんな組み合わせから選ぶのも楽しい。


まあ難点は重いこと。

夜はもうめんどくさいからお寿司買っちゃえ、
とかいうときに果物を一緒に買うと、
果物の重さで持つ手が適当になり、
大体お寿司が左右に偏っていておいしそうでなくなっているのがオチ。


そうとわかっているのだけど、今日も買ってしまった。
お寿司とフルーツアソート。


ちなみにお寿司は閉店間際の割引で、
ウニや中トロ、いくら、カニ入りのいいやつが50%引きだった~。

夫の分も買おうと思ったけど、
イクラ、ウニが食べられない人なので、
お寿司は自分の分だけにした。


彼はお魚の粕漬でいいや、というわけである。


で、帰宅してメールチェックしたら、
「今日飲み会になりました。夕飯不要」のメッセージ。


お寿司買わなくてよかった。
なかなかいい勘してた、わたし。

.
2017.06.08 Thu | Private| 0 track backs,
六義園と「名刀礼賛」展と柳沢吉保
◆ 将軍綱吉からご寵愛を受け、刀を50口も頂いた柳沢吉保は六義園の主だった人


現在神谷町の泉屋博古館分館で開催中の
「名刀礼賛 ―もののふ達の美学」展では、
名刀がずらり30口+その周辺の装具が公開されている。

その中に、柳沢家伝来のものが散見された。

柳沢家といえば柳沢吉保。
吉保といえば徳川綱吉から寵愛を受けた譜代大名で、
拝領した邸宅がいまや六義園として開放されている。

以前六義園のつつじ関連記事に入れたとおり。



なんでも将軍から贈答用の刀を50口ほども頂いたそう。
寵愛ぶりも度を越している。
吉保、相当な策士だったのか、と勘繰ってしまいそう。

その柳沢家が大事に保管したおかげで、
今もまばゆい光を放つ刃や、輝く蒔絵の鞘を
目の当たりにできるのだ。


なんでも将軍家では、家宝の刀とは別に
贈答用に相当数の刀を所持していて、
それをことあるごとに
吉保のような忠実な大名のもとにわざわざ行幸して
贈っていたらしい。


頂いた方は、当該の刀の値段を把握して
返礼などを用意したのだとか。


贈答の儀礼、古くからしっかりと日本の文化に根付いていた模様。


その柳沢家伝来の刀の例としては例えばこちら。
ただし、こちらは綱吉が吉保本人でなくその長男 吉里のもとを訪れて
贈ったものとのこと。


葵紋散金梨子地 塗合口拵(「短刀 銘 来国俊」付属)
(俯瞰ケース) 江戸時代 黒川古文化研究所.

*写真は内覧会の折りに許可を得ています。

IMG_2557.jpg 
「名刀礼賛」展より


蒔絵に葵のご紋がついている。
しかも彫り方に少しずつ変化が加えられているらしい。

相当細かいのでかなり近づいて凝視しないとわからないけれど。


そして吉保が妻(正室だったか側室だったか)とともに
散策したといわれる六義園がこちら:

今の時期はさつきと

IMG_3065.jpg 



紫陽花が華やかに咲き誇っている。

IMG_2881.jpg


六義園庭園ガイドツアーで頻繁に耳にした吉保の名が
泉屋博古館の展示につながって、
身近な歴史の授業と言った感じ。

=====


展覧会名: 黒川古文化研究所+泉屋博古館連携企画特別展
      名刀礼賛 ―もののふ達の美学
主催 : 公益財団法人黒川古文化研究所、公益財団法人泉屋博古館
会場 : 住友コレクション 泉屋博古館分館
会期 : 2017年6月1日(木)―8月4日(金)  
開館時間 午前10時00分~午後5時00分(入館は4時30分まで)
休館日: 月曜(7/17は開館、7/18(火)は休館)
入館料 : 一般 800円(640円) / 学生600円(480円) / 中学生以下無料
       20名様以上の団体の方は(  )内の割引料金
2017.06.06 Tue | Private| 0 track backs,
千住博さんのメトロパブリックアート
新宿三丁目にある千住博さんのメトロパブリックアートは
いつもの滝のシリーズ。

涼し気~。
真夏日は避暑に向いていそう(?)

IMG_1715_201706052314364a3.jpg 


ここで注目は、署名。
滝の作品は数多く見たけど、署名に気が付いたのは今回が初めて。

ペーソスのある素敵な書体。

IMG_1704_20170605231435ed8.jpg


メトロの壁はうんと近づいてみることができ、
ガラス張りでもないので、ディテールがすごくよく見える。

滝の水しぶきが、きらきら粒になって飛び散っていた。
上から滴り落ちる水は、ぼかしのような手法で
煙のように描かれている。

美術館でオツにすましている絵画とは違い、
手で触ることもできる庶民派のパブリックアート。


新宿三丁目で誰かと待ち合わせるとき、
「千住さんの滝の前でね」
なんていうのはおしゃれだなぁ。


IMG_1696_20170605231433ab8.jpg



それから明治神宮前の野見山暁治さんの作品のサインは -

IMG_1724.jpg 


ローマ字だった。

IMG_1745.jpg


美術館でもそうだけど、
亜流と知りながら、署名や落款をチェックするのは
ある意味気分転換で楽しい。

フランスかぶれした画家が、
自分の名前のローマ字に、フランス語特有のトレマをつけていて
(トレマ=ë, ï, ü, ÿ のような上にポチが2つ くっつく文字)
それを発見する喜び、なんていうのもある。

.
2017.06.05 Mon | Art| 0 track backs,
今が見ごろ さつき対決 六義園 vs 東御苑
さつきとつつじの違いは、
単に咲く時期、なのだとか。

5月の連休頃から咲き始めるつつじが終わると、
さつきの出番になる。


しだれ桜で有名な
駒込の六義園は、つつじも見事だけど、
その後池の周りを彩るさつきも
華やか、というのを今年初めて知った。


IMG_2929.jpg


来週では遅い、そんなツイートを目にしたものだから、
あたふたと行ってきた。

IMG_6129.jpg


家の近所でも見かけるこのさつき。
でも上品な背景を背にすると、まるで違う光景。

午後はこのあとすみだトリニティホールで
マラーなどのオーケストラコンサートの予定で、
サツキを見たら、ランチを食べてコンサートのつもりだった。


でも、サツキだけでなくあじさいも様々な種類植えられていて、
丁度咲き始めたところだったので、結局ゆっくり時間をかけて
巡ることに。

おかげでランチは慌ただしく、事前に予定していたところは
断念したけど、悔いなし。
天気も最高。
湿度が低くて、日光は結構きついけど、快適、快適。


IMG_2894.jpg



一方で、こちらは先週の東御苑。
サツキの小路を歩いてみた。

P1880063.jpg 


こちらはいつも花菖蒲の時期に行くのだけど、
花菖蒲が満開の時には大体サツキは終わり。
今年こそ、サツキの満開に遭遇したい、というわけで早めに行ったのだ。


P1880057.jpg



今花菖蒲咲き掛け+サツキがちょっと終わり頃の東御苑。
どうやら東御苑は、六義園のサツキよりも咲くのが早いらしい。

P1880050.jpg


サツキが途切れず連なり
流石手入れは日本一。


P1880066.jpg


昨日の清澄庭園ガイドツアーでこんな話を聞いた。

花の色の原則というのがあって、
初春は黄色、
春はピンク、
初夏は緑、
夏は原色が主流になる。


なぜ初春は黄色なのか。
虫をおびき寄せるため。

虫は色を識別できないものの
黄色だけはかろうじて識別できる。

春先、まだ虫が少ないこの時期に
受粉のため、虫に来ていただくために
黄色をまとうのだそうだ。


さて、今の次期、つつじは色鮮やかなピンクだけど、
むせかえるほどの新緑も圧巻だった。

目に青葉・・の季節を実感。

桜の次期からここまで、めまぐるしい花暦。
そろそろお花ハントもひと段落かな。

2017.06.04 Sun | Private| 0 track backs,
清澄庭園1)園内の富士山(見立て)に注目

岩に頭をぶつける夫。

・・・その訳は後述するとして -


IMG_2783.jpg

 

花菖蒲が咲き始めたと聞き、今日は清澄庭園へ。

花菖蒲ガイドと庭園ガイドに参加して、

園内の魅力を満喫した。 

 

清澄庭園は、かの三菱商事創設者岩崎弥太郎氏の家系が

三代に渡って維持してきた別邸で、

関東大震災前には洋館と日本邸宅があり、

今は迎賓用につくられた涼亭と、

大正天皇の葬儀に使用された建屋を再築した大正館を見ることができる。

 

とはいえ園内の魅力は歩くたびに景色の妙が見事なその地形、

草花などだ。

景色の妙の例としては、富士山の見立てがある。

(下の写真) 

山腹に当たる部分にはつつじが植えられ、

これが雲の見立てになる。


P1880294.jpg


ふもとにはこの岩。

 

滝の見立てなのだとか。

上から水が流れるような模様が見事。 

岩崎家は、日本中から石を取り寄せ、園内いたるところに

敷き詰めた。

今では相当効果な赤い岩などもある。

  

そしてここはパワースポットになっているそう。


一番上の写真は、そんなパワースポットから力をもらおうと、

夫が頭をすりつけているところ。

頭のケガは完治はしたけど、もう問題ありませんように、、という願掛けか。


IMG_5770.jpg


その滝の脇には小石の道筋。

こちらは川を模していて、

縁の中央にある池(これは海に見立てられる)に向かって

注ぎ込む仕掛け。


IMG_2851.jpg


庭園を日本に見立て、その中に日本一の富士山をしつらえた。

日本一の財閥岩崎家ならではだ。


.

2017.06.03 Sat | 国内探索| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill