日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
汐留 「かっぽうぎ」でクイックランチ
汐留で理想的には15分で食事を済ませたくて、
さてどうしよう。

タリーズやタコスの店は大混雑。

そこで行き当たったのが、かっぽうぎ という
社食的なお店。

小皿とメインをとって、ご飯、おみそしるがつく。

20160212140103bc0.jpg


なんとも今の私の状況にぴったり。

種類もなんとすごく豊富。

というわけで、ひじき、ワカサギ南蛮漬け、肝煮込み
に、かきフライをとる。

料金前払いで、900円弱。

15分でお釣りがくる速さで完食。

救いの神〜

どうやらピークは早いみたいで、12:40入店時には空いてた。

店を出るときには、
「ありがとうございましたー、いってらっしゃい!」の掛け声。

サラリーマン天国の汐留ならでは。

ごちそうさまでした。
2016.02.12 Fri | Gourmet| 0 track backs,
飯田橋ランチ / ラ・ブラスリー のランチはやっぱり好き
ランチ激戦区の飯田橋。
栄枯盛衰あるけれど、長年ずっとサバイバルしている上に、
以前より進化しているとつくづく思うのが、ここ、、ラ・ブラスリー。

平日、飯田橋或いは市ヶ谷そばにくることがあると、
かなりの確率で寄る。
JR市ヶ谷駅からだと少々あるけれど、それでも足をのばしてしまう。

平日ランチは1050円(1080円でなく)で、パン、メイン、ドリンク。
日仏学院会員なら、プラスでスープが付く。

メインはキッシュや肉、魚、パスタからチョイス。
私はだいたいお魚。

味よし、そしていつもなかなかアーティスティックなのだ。
サラダ付きではないけれど、魚の下に野菜あれこれ温野菜が敷かれているので
栄養バランスはよい。

先日のランチはこれ。
以前、店名がベルナールだった時代は
1700円ぐらいでメインとコーヒー、みたいな感じだった。

しかも味も特にどおということはなく、暫く足が遠のいていた。
ところが、店名が変わり=オーナーが変わった?
新しい日本人女性シェフが招かれてからというもの、
素晴らしい進化ぶり。


IMG_1078.jpg


パンもパリパリで美味しいし。
会員用スープはこんな感じ。

IMG_1073.jpg


近所に一軒欲しい店だ。


http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13000405/
2016.01.16 Sat | Gourmet| 0 track backs,
石川亭 コレド室町店
ボリューム満点の料理で人気を博す石川亭。

神田本店、神田錦町、恵比寿店に続き、このほどコレド室町店でランチした。

コレド室町は3店舗あるけれど、2、3の方ではなく、シンプルにコレド室町の方だ。
エスカレーターで3Fに上がって左手に曲がるとすぐの左手にある。
えんじ色の壁が目印。


ビジネス街なので混雑覚悟だったが、12:30過ぎだったせいか、
すぐに着席できた。
店内の応対もきびきびしていてよい。

大人数をさばくためには必要なことなのだろうけれど、
お客さんの状況をしっかり見ている。


内容はほかの支店同様、メインを人気ハンバーグのほか、肉、魚から選べる。

前菜も5種類ほど。

この日はキッシュをチョイス。


IMG_0854.jpg


メインは鶏肉のグリル。
余りのボリュームで、最後、ギブアップしそうだったほど。

室町点は1150円でドリンク付き。
ドリンクなしで同価格の恵比寿よりもちょっぴりお得。


http://ishikawatei-coredomuromachi.jimdo.com/
2016.01.08 Fri | Gourmet| 0 track backs,
再び、cimai(シマイ)のパン
先日食したcimai(シマイ)のパンがオリジナリティに富んでいて、
都内ではなかなか同等のものを見つけることができず、
先週末、再びツーレに買ってきてもらった。

前回は行ったのが遅くて選択肢が余りなかったので
(閉店時間は一応18時とはいえ、人気店なので、なくなり次第終了となる)
今回は早めに行き、4種類ほどゲット。

どこが気に入ったのか?
バリエーション、中身のリッチさ、歯ごたえ、優しい味、丁寧なつくり、目新しさ、などだろうか。

ナッツなどがぎっしり詰まったブレッドは
毎日食べたいほどおいしい。

P1760572.jpg


パイ生地のものもあり、

IMG_3407.jpg


日本人好みのシュトーレンは、クリスマスならではの一品。

以前本場ドイツから首都―連を送ってもらったことがあるけれど、
しつこくて余り好みではなかった。

こちらの方が私は断然好き。

IMG_3774.jpg


そのほかマフィンもどこか日本的。

場所は幸手駅からもやや遠く、不便だけれど、
千客万来は変わらず、といった様子らしい。


前回のエントリー:
http://tourdefrance.blog62.fc2.com/blog-entry-2980.html
2015.12.27 Sun | Gourmet| 0 track backs,
千疋屋のランチセット 12月24,25日ならデザートがクリスマスショートケーキ!
同じ千疋屋のランチでも、京橋の千疋屋のコスパの高さはすばらしく、
これまでに何度となく本ブログでも触れた


石川亭のようなガッツリランチではないものの、
やはり千疋屋ならではの新鮮なフルーツデザート付きというのがポイント高い。

そして今回初めて知ったのだけど、12月24、25日のクリスマスには
いつもついてくるプチデザートが、サービス版になる。


と言うことで、24日、昨日のランチはこんな感じだった。

月、木曜はサラダバー、ドリンクバー付きの日なので、
サラダたっぷりと、コーヒー、そしてフルーツアイスティを頂く。


IMG_0531 (1)


メインはフルーツサンドとパスとラミサンドのミックスを注文。

IMG_0532 (1)


そして最後のデザート。
いつもはフルーツののったマンゴープリンやゼリーを始め
日替わりでムース系が多いのだけど、この日はケーキ。
しかもイチゴが中にもぼっこり入ってる。
大きくて口を閉じるのが大変なほど。

添えてあるフルーツもいい感じ。
キウイや、酸味のあるマンゴーまで。


IMG_0535 (2)


はい、素晴らしいこちらのランチはしめて1080円也。
メインをビーフシチューにするともう少しお高いけど、この日はすでに売り切れだった。
また、サンドイッチと鶏グリルなどその日のお肉・パスタメニューとのハーフ&ハーフメニューもあり。

それにしても、クリスマスの時期、通常ランチのミニデザートをクリスマス用のスペシャルデザートに変えるとは
心憎い演出。

実は最初室町コレドの石川亭にいくつもりだったものの、
午前の予定が延びて、室町まで行く15分程度の時間が捻出できず、
手近にあった千疋屋に決めたっという状況。
でもこれは正解だった。
2015.12.25 Fri | Gourmet| 0 track backs,
赤レンガ倉庫のBills 夜は穴場
赤レンガ倉庫のBillsで開催された忘年会。
Billsといえば、お台場の店で入ろうとして、ランチ3時間待ちと知り諦めた思い出がある。

がしかし、夜は予約もすんなり取れるようで、
赤レンガ倉庫の場合、直前でも予約可能だったらしい。

リコッタパンケーキのイメージが強いものの、食事もしっかりあって、
夜はお勧めだ。

少人数ならテラス席を予約指定することもできるそうだ。
テラス席は全面ガラスで、海を眺めながら食事ができる。


メインディッシュや小皿メニューもいろいろあり、好きなものをそれぞれ注文して、
取り分けで食した。
最後の締めはもちろんリコッタパンケーキ。
いやこれは確かに病みつきになる。


IMG_0507_201512220828232c7.jpg


お魚のディッシュもエスニックのスパイス(クミン)風味のヒヨコマメが添えられており、
味わいもよい。
味付けはやや薄味か。


IMG_0504.jpg


当初予定は恵比寿だったはずなのだが、アポの場所横浜方面から移動が大変ということで、
急きょこの場所に決まったのだが、なかなか正解だった。

クリスマスムードがいい感じだったのだ。

IMG_0510.jpg


赤レンガ倉庫の中央の道にはクリスマスマーケット。
ホットワインの店など、なかなかにぎわっていた。


IMG_0517.jpg


みなとみらい方面もこの通り。

IMG_0519.jpg


このあたりで夕食をすることは滅多ないので、
なかなか新鮮だった。

IMG_0523.jpg


BILLS
http://bills-jp.net/#yokohama
2015.12.22 Tue | Gourmet| 0 track backs,
忘年会の場所
忘年会シーズン。
いわゆる王道的宴会向きの店のほか、なかなか個性的な店を体験中。


● 場所: 沢村(新丸の内ビル)

丸ビル、OAZOなどでは大人数の宴会を経験してきたけれど、
新丸の内ビルの宴会は初めてかもしれない。
上層階に到着した途端、一見通路といった趣の場所にテーブルが出ていて驚いた。
ちょっと珍しい光景。

我々は、店の中での宴会ではあったけれど、少人数の友人同士なら、
この通路テラスが面白そう。
食事はガッツリ系。
沢村

IMG_0111_20151218084146869.jpg



● 場所: ヘンドリックス(北参道)

無国籍的エスニック料理がどれもこれもオリジナリティに富んでいた。
写真はタンドリーチキン。
かなりワイルドで、スパイスも独特。

最大人数6人がMaxではあるけれど、なかなかディープな会になった。
ヘンドリックス

IMG_0456_2015121808424869f.jpg



● 場所: 石川亭(恵比寿ガーデンスクエア内グラススクエア)

趣味の女子会で使用。
5000円ジャストでフリードリンク込み。
ビストロらしく、とりわけでなく、銘々皿で運ばれてきたのが嬉しいポイント。
飲み中心というより食事会といった感じで、この宴会セット、使える!

石川亭(恵比寿)

IMG_0305.jpg


IMG_0310.jpg




2015.12.18 Fri | Gourmet| 0 track backs,
概観がお洒落なスターバックス @ 田町
◆ スターバックス 20オンス(590ml)に挑戦


こじゃれたウッドデッキ付きのスターバックスはあちこちにあるけれど、
田町のスタバは上部に鏡が付いている。

だから店の前に立つと、上の鏡にウッドデッキが写り込み、
なかなか絵的に面白い。


IMG_0367.jpg


上部の鏡部分をクローズアップ。

IMG_0368.jpg


この店は、田町の三菱モーターズのショールーム脇にある。
ゆえに、鏡に写ったこれらのカラフルな車は、販売車。

IMG_0371.jpg


さて、ここで週末挑戦したのが、クリスマス限定の
クランチー・キャラメル・トフィー・ラッテ。

サイズはベンティだ。
スタバのサイトを見ると、「ベンティ Venti ®(590ml)」とある。

ベンティ=イタリア語の20ということで、量は20オンスなのだ。

大きさ比較のためにカードを脇に並べてみる。
カップが聳えている感じ。


IMG_3179a.jpg


ちょっと甘味が強かったけれど、プチ・クリスマス気分なのだった。

IMG_3181.jpg


ちなみにクリスマス限定品のうち、ホッとアップルは、売り切れで終了。

IMG_0370.jpg


わかっていたことだけど、ベンティは恐ろしい量だ。
喉が乾いていたはずなのに、飲んでも飲んでも終わらない。

米国ではこの上となる30オンス、つまり900mlほどの「トレンタ」があるというから恐ろしい。

この店舗、ショールーム脇に長細いかたちで店が造られているので、
店の外の雰囲気に反して、内部スペースはさほどゆったりしていない。
それゆえに、さらにオフィス街というロケーション的にも、
ずっと長居するタイプの店舗ではなく、わりと回転が速い気がする。


IMG_0369a.jpg
2015.12.15 Tue | Gourmet| 0 track backs,
駒場のパン屋さん ル・ルソール(Le Ressort) 
先週末初入店した駒場のパン屋さん ル・ルソール(Le Ressort)。
食べログで3.86とく得点。

前から気になっていた。
ランチとおやつを食べた後だったので、さほど甘くなさそうなスナックパンを所望。

左はナッツたっぷり病みつき、といううたい文句に惹かれた。
右はマロンパイのような感じだったので試しに買ってみた。
マロングラッセのような栗が丸ごと1個入っていた。
未体験の芳醇・リッチな味わいだった。

IMG_3078.jpg

店はお洒落。
駒場東大前駅すぐそば。

IMG_3045.jpg

クリスマスリースに柑橘類がついていた。
これもおしゃれ。

IMG_3049_201512100804255af.jpg

外から眺める。

IMG_3047.jpg


食べログの写真を見たら、まだまだ洗練されたパンがいろいろあるみたい。
また是非あれこれためしたい。

例のステッキの様なナッツのパンは、マカダミアナッツがザクザク。
確かに病みつきになる。

http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131801/13026653/
2015.12.10 Thu | Gourmet| 0 track backs,
大人気のパン屋さん / cimai(シマイ)
キッカケは、先日参加した碌山美術館バスツアーでの会話。

一緒にツアーに参加した人から教えてもらったのが、
大人気のパン屋さん / cimai(シマイ)だった。

なんでも姉妹でやっているからこの命名なのだとか。
2人には役割分担があって、姉は自家製酵母で、妹はイーストで作るという。

場所は埼玉県幸手市。
簡単に行けるところではない。
そんな中、先日ツーレが埼玉県方面に行くからと、この店を初制覇。

ただ、予約して持ち帰る人が多く、また、午後だったこともあり、棚にはあまり残っておらず。

チョイスできる中から買ってきたのがこの黒糖とくるみ。
大ファンになってしまった。
ナッツは大好き。
黒糖が嫌味のない甘さを醸している。
歯ごたえ硬めでしっかり、そしてしっとり。
朝食にはこれにバターを塗るだけでもリッチな味わい。

P1750968.jpg


もうひとつはアップルパイ。
リンゴがぎっしりだ。
持ち運びの関係でかしげてしまったのが残念だけど、
1つずつ味わった。
リンゴの存在感、ほのかな酸味、サクサクのパイ生地。
しつこくなくて、後味も爽やか。
なにより積み重なるリンゴの層が独特の歯ごたえだ。


P1750970_20151209081603804.jpg


人気の秘密がわかった。
丁寧かつオリジナルな味わいだった。

***

cimai(シマイ)
埼玉県幸手市大字幸手2058-12
東武日光線幸手駅(急行停車)から徒歩約25分
幸手駅から1,368m
営業時間 : 12:00~18:00(売り切れ次第終了)
不定休なので営業日をHPで要確認

● HP(営業情報)
● cimaiのパン屋ができるまで
● パンラボの紹介記事
● 食べログ
2015.12.09 Wed | Gourmet| 0 track backs,
スパゲティの店・KURA(渋谷、中目黒、祐天寺、五反田、四日市)
 自慢の生パスタで固定層を獲得


渋谷、中目黒、祐天寺、五反田、四日市で展開するスパゲティの店・KURA。

一号店オープン以来20年弱続く老舗。

先輩がファミリーでよく訪れるといい、売りの生パスタの評判もよいのだけれど、
外見の派手さはなく、訪れる機会がなかった。
このほど日曜日ランチに初訪問。

週末、平日関係なく同じメニューなのだ。
ランチタイムには、300円プラスでサラダ+パン+コーヒーがつくセットがある。
(或いはパンなしでプラス250円)。

セットのサラダは小ぶり。

IMG_2591.jpg


魚介のパスタは具がたっぷり。
スモークサーモンまで入っていて、食べ応えあり。

IMG_2593.jpg


ツーレはチキンとキノコ・半熟卵のスープパスタ。
ダシがおいしい!

IMG_2594.jpg


それとアツアツのパンと、コーヒー。

IMG_2596.jpg


パスタの種類も多い。
なにより、このモチモチパスタ。
これは病みつきになる。

中目黒のちょっと目につきにくい場所でスタートした割に
店舗が増殖している、そのワケも納得だ。

イタリア料理とパスタのイタリアンレストランKURA :
http://www.kura-jp.com/
2015.11.24 Tue | Gourmet| 0 track backs,
ブリオッシュドーレ 秋葉原にオープン
パリの街角で、よく目につくベーカリー”Brioche Dorée ブリオッシュドーレ”が、
ヨドバシAkiba店の1Fに、11/20(金)オープンするそうだ。

このお店、パリにおける位置づけとしては、
ル・パン・コティディアン(オペラシティ、芝公園に出店)よりもカジュアルで庶民派の店だ。

客層も、ル・パン・コティディアンはお洒落な人々が集うイメージで、
かたや ブリオッシュドーレはファミリーとかが わいわい集っている。

多くの店が閉まる中、日曜日に開いているのでちょっと小腹満たしで1度利用した。
便利さとお手軽価格で広がっている店と見た。

多分、日本では、雰囲気としてはヴィドフランスみたいな感じで展開するのかもしれない。

すでに大手町店・天神ソラリアステージ店があり、秋葉原だけでなく、
神奈川県にもラスカ茅ヶ崎店、小田原トザンイースト店など続々出店予定。

カフェ・ヴェローチェ、ヴィ・ド・フランスのように、ちょっと小腹が空いたなー
といった時に便利なお店になる予感。

http://www.briochedoree.jp/
2015.11.16 Mon | Gourmet| 0 track backs,
お気に入りコスパランチ 10 : 安定感抜群(石川亭・恵比寿)
週末、久しぶりに恵比寿の「石川亭」へ。
とはいえ、場所が移動していて、最初は探せなかった。

ガーデンプレイスのグラススクエア中央広場脇から、奥へと移っていたのを知らなかったのだ。

ランチは税込み1150円の安定感。
前菜・メインが何種類かの間から選べるのがポイント。
名物のキャベツたっぷりハンバーグももちろん健在。

ただ、恵比寿店はコーヒーはついていない。

前菜としてこの日選んだのはキッシュ。
グリーンサラダがちゃんとついている。

IMG_0004.jpg


メインは写真撮影忘れ。
本日の日のお魚にした。
カラッと揚げたお魚と、その下のほうれん草がいいハーモニーを奏でていた。

相変わらず込んでいるけれど、回転はよい。
気軽に入れるお店だ。


石川亭・恵比寿:
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13140599/

~~~ 以下金額は変更の可能性あり ~~~~

お気に入りコスパランチ 1 : 週末もOK(アロッサ・銀座)
お気に入りコスパランチ 2 : ランチにフォアグラムース(ピアッティカステリーナ・神楽坂)
お気に入りコスパランチ 3 : 1000円を切った秀逸ランチ(オステリア ミオバール ・東銀座)
お気に入りコスパランチ 4 : メインは肉か魚をチョイス(オザミデヴァン本店 ・銀座)
お気に入りコスパランチ 5 : 安定感抜群の老舗ビストロ(ラビチュード・神楽坂)
お気に入りコスパランチ 6 : 800円でこの味・このボリューム(串若 ・田町)
お気に入りコスパランチ 7 : 土日もOK。チョイスいろいろ(サントウベルトス・銀座)
お気に入りコスパランチ 8 : 満足感が売り(アゴスティーニ・中目黒) 2014年3月末閉店
お気に入りコスパランチ 9 : 成城石井プロデュース(le bar a vin 52・麻布十番)


***

ナイスなランチ: この内容・このお味でこの価格(イシダ・銀座)
ナイスなランチ: ハーフサイズのフレッシュケーキが美味(HARBS・上野)
ナイスなランチ: 近所のOLが集う1000円ランチ (コルポ・デラ・ストレーガ・新橋)
ナイスなランチ: 値段・ボリューム・味よし(石川亭・神田錦町)
ナイスなランチ: フレッシュフルーツのデザートが添えられて(千疋屋・恵比寿)
ナイスなランチ: 平日はお得で周囲のOLに人気(Alia・恵比寿)
ナイスなランチ: プチな珈琲・デザートに加えてお箸お持ち帰りOK(花大根・銀座)
ナイスなランチ: これまで食べた中でイチバン美味しかったロシア料理(カフェロシア・吉祥寺)
ナイスなランチ: JR上野駅の穴場、帰りには改札口の美術品をチラ見(ブラッスリーレカン・上野)
ナイスなランチ: 身体によさそうチンギスハーンの薬膳料理(テンシャンフェイウェイ・室町)
2015.11.11 Wed | Gourmet| 0 track backs,
渋谷でお手軽なカレーを食べるなら: サパナ
近所のビストロが閉店して以来、放浪することが多い週末のランチだが、
先日は久々に、渋谷のサパナでカレーランチを食した。

ランチは700円台からあるものの、一番お高いものでも1100円少々という価格帯。
この日は、コスパのいい1100円台のランチを注文した。
カレールーが3つ選択でき、ナンとサフランライス(というか恐らくターメリックライス)がおかわり自由、
ミニサラダ、スパイスのついた肉2種・野菜1種、ドリンク付きだ。


IMG_19832.jpg


さてこのサパナ、春と秋に平日5日間だけ、通常990円のランチが500円均一になる。
カレーは選べないけれど2種類、ナンとライス、サラダ、ドリンク付きで、
ナンかライスは1回のみおかわりOK。

週末はやらないので、これまで500円均一週間の貼り紙を見るたび一度行ってみたいと思っていた。

このほど、恵比寿で乗換えすべきところを渋谷にスイッチして、1度行くことができた。

5人ほど並んでいたが、回転はよい。
駅から明治通りを広尾方面に進み、並木橋の交差点脇にある。
対角線上には別のカレー屋さんもあるけれど、そちらは入店したことはない。

500円カレーはこんな感じ。
(ドリンクとサラダとライスは映っていない)


IMG_2085.jpg


ワンコインランチ、経験できてなかなか満足。
次の夢は、いつか松本楼の10円カレーチャリティに行くこと(?)。
こちらはかなりハードルが高い。

ちなみに松本楼の創立は1903年6月とのこと。
ツール・ド・フランス第一回大会と同じ年なのだった。



http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13058048/
2015.10.25 Sun | Gourmet| 0 track backs,
京橋千疋屋のランチは月・木曜日が超お得
平日有楽町駅近辺でお昼時になると、
大体オザミ本店に行くのが常だった。
ハズレがないもので。

でも、先日は有楽町から京橋方面に行く必要があり、京橋でランチ処を探してみた。
すると、週末に恵比寿でよく利用する千疋屋が独自の素敵なランチ路線を展開してるのを発見。

月・木曜のランチのみは、サラダバー、フリードリンクなのだそう。
たまたま木曜日だったので迷わず入店してみる。

恵比寿の場合、通常サラダは小ぶりのお皿にキャベツメインでのっているだけ、
ドリンクは1種類を選ぶ形式だ。
こんなフリードリンク、サラダバーがあるのは京橋だけではないだろうか。

メインの方は、サンドイッチ、スパゲティ、あるいはそのハーフ&ハーフ、その他。
私はハーフ&ハーフにした。
これは恵比寿にはないメニューなので

この日はスモークサーモンとクリームチーズのサンドイッチとキノコスパゲティ。
日替わりで内容は変わる。

写真 1 (90)


サラダバーはプチトマト、ブロッコリーなど種類もあり、グッド。
ドリンクはアイス、ホットのコーヒーと紅茶、そしてアイスのフルーツティー。

もちろん食後のフルーツ系デザートも漏れなくついてる。
この日はグレープフルーツのジュレ。

写真 2 (87)

1100円ちょっとでコスパもよい。
2015.10.04 Sun | Gourmet| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill