FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
乳がん検診 マンモグラフィー
先日、乳がん検診のマンモグラフィー検査医に男性が多い話を書いた。
今回、こんなメールをいただいた。

乳がん検診のマンモグラフィ検査ですが、
 私は区の検診で痛くしない医師を探して行ってます。
 出来ることなら痛くなく、穏やかな環境が良いので(^^ゞ


 検診を行なっている医療機関名が書かれた案内が郵送されるので、
 何人か放射線技師がいる総合病院や、規模の大きい病院ははずします。
 過去に医師に『私が撮ったもの(レントゲン写真)じゃないので』
 とふざけたことを言われたので。


 乳腺の専門医がいる個人病院に絞り、いくつか候補を選び電話をかけます。
 『マンモグラフィ検査って、とても痛いと聞いて怖いのですが、
 大丈夫でしょうか?』と聞いてみます。


 返事がそっ気なかったり横柄だったら、気持ちが決まったらまた電話します
 とさっさと切り次にトライ。
 不安を和らげるような言葉をかけてくれたり、
 生理前に胸が張ってる時は避けてなど、
 こちらのことを考えてくれる所を探しましょう。


 私は2軒目で『うちの先生は我慢できるところで機械をとめるので、
 無理はしないわよ。予約日あたりに胸が張るようなら、
 事前に電話で予約の変更をして下さい。』とうれしいお言葉!
 
 行ってみたらちょっとショボイ病院で少々心配でしたが、
 マンモグラフィ検査時は痛みの確認をしながら挟んでいったので、
 痛い思いも怖い思いもせずに済みました。


 男性の医師でしたが触診も優しく、検査と反対の胸は病衣で隠してくれる
 配慮ありました。
 超音波検査もし、マンモグラフィ検査ともども説明も穏やで、
 満足のいく検診でした。


 病気は選べないが医師は選ぶことができるので、信頼できる医師を
 見つけられると良いですよね。
 40代の中堅どころの医師は、優しく丁寧な人が多いように感じます。
 60歳以上の個人病院の医師は、高確率で横柄で何かと時代遅れなので、
 行かないようにしています。 (mogさんから)

関連記事
2009.10.26 Mon | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill