FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
イタリア特集

14日のエントリー「イタリア語で“縁者びいき”はなんというか、フランス語で“コネ”はなんというか」に関連して)

イタリア社会の特質を表わす縁故主義、コネを表わすクリエンテリスモという言葉があります。たしか塩野七生さんの著書「ローマ人の歴史」で読みました。

クリエンテは、英語のクライアントと同じの語源(ラテン語)という記述があったと思います。
本来の意味は、古代ローマで、平民が特定の貴族の保護を受ける平民保護制度を表わします。

血縁(家族・親戚)>地縁・知人>その他の人  人間関係に優先順位があり、制度や法律よりも実効性が高い例がイタリアに関する書物によく出てきます。

人間サークルのらち外にいる人は、何の恩恵にもあずかれない。電話を1本引くのにも!  これは、イタリア暮らしをした人ならすぐに分かるそうです。

地縁に関してはは、地方根性、偏狭な郷土愛を意味するカンパニリスモという言葉があります。おらが村のカンパニーレ(鐘楼)がいちばんという意味です。これは、都市国家の時代が長かった名残のようです。

サッカーが都市対抗形式で盛り上がっているのもうなずけます。

(セネージさんから)


マッサーの中野さんの携帯Diaryに、こんなのがありましたね。
「帰国を前に
懸案事項が前進。
同時にここで生活するには人間関係無くしては無理とも痛感」

それもまさにこれなのでしょうね。



9/26のシエナのドォーモ関係のエントリーに関連して

シエナ
2年前の5月に行きました。とにかく暑かった。連日30℃だったので。
大聖堂行きました。きれいでしたね。暗かったので、あまり床面の画の詳細は見てないのですが、ほかにここまでのものは見たことがなかったのでとても驚きました。この街は会社のイタリア大好きの同僚に教えてもらって行ったところです。
シエナはフィレンツェと覇権争いで負けて、鉄道もなく、寂れてしまいましたが、それが却って昔のたたずまいを残しているので、妻も街としてはフィレンツェよりこちらが好きです。

(Uさんから)


* ドゥオーモの床面装飾の公開は、季節限定のようです。普段は覆いがかけられているのだとか。地球の歩き方情報によると、今年の公開は、8/21-10/29だそうです。私はいいときに行きました。


9/28のトクダネエントリーに関連して

イタリアのサイクルロード熱はとくに凄いですが、今日のエリートロードはイタリアが勝たなかったのでスルーサッカーだって、 F1だって、Moto GPだってイタリアが 勝たなければ蚊帳の外。

しかし、毎日細かいスポーツまで、僅かながらに触れる番組があるのは凄いと思います。
(いつもランチタイムに流れていますので・・・)

(From Marqueさん)


* 日本のTVチャンネルで、ロードレースのことに触れるものがあると、すごい!と感激してしまいます。つまりそれだけ話題にのぼりにくい、ってことですね。


10/3のエントリー、券売機にクレジットカードが飲みこまれた逸話に関連して

イタリア国鉄の自販機に関しては、当時のイタリア語の先生(トリノの人)も「使い勝手が悪くて故障も多いので現地の人もほとんど使わないよ。」と言っていたので私も旅行する際は使わず、窓口で買っていました。

ただし、いつも長蛇の列でなかなか進まないことが多多あるので、かなり時間に余裕をもつか、前の日に買うなどしていました。

でも今年ローマに行った時は機械が新しくなっていたので使ってみたら、案外簡単に使えたので、『イタリアと言えどもちっとは変わってんのね。』と思ったもんです。(もっとも買ったのはローマから空港行きだったから、一番買いやすかったんだけど。)

ミラノ駅にある大型掲示板も「パタパタパタ…」っていうタイプだったけど、昨年から 電光掲示板になり、掲示板の一番右側にあった"rit."という表示の欄(確かめてないけどおそらくritardoの略。)もなくなっていました。・・・つまり数年前までは電車は遅れる事が普通だったのだと思います。

いろんな意味で『イタリアってまったく…』と思うこと多いですが、なぜか憎めなくて私は好きです。

(From LEMANIMAYU さん


* そういえば、あのパタパタ式の電光掲示板って、どんどん少なくなっていますね。

それから、ボローニャ行きが15分遅延だったとき、しきりにお詫びのアナウンスが入り、途中で5分遅れに挽回してました。最後駅に到着時に徐行運転となり、結局15分の遅延でしたが、あんなに何度もお詫びが入るとは驚き。まるで、遅延はめったないこと、と誇示しているかのよう・・・



(同じく券売機事件のエントリーに関連して)

無事のご帰国なりよりです。
イタリアの洗礼をしっかり受けられたようでお見舞い申し上げます。
私は今のところカードを吸い込まれたことはないのでまだまだ運がいいのかも。

ただ切符の自動販売機は操作を間違えた覚えはないのに中途半端な切符が出てきて、巡察でしっかり指摘されて追加を支払ったことがあります。

イタリアはTCはほとんど役に立ちませんね。
実際使えないのか今回のホテルのように面倒くさいだけなのか。

(From ciclistorossoさん



*ティラミス作りに挑戦したのですか。志高いです。
関連記事
2009.10.17 Sat | Language| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill