FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
今回見つけた楽天トラベルのメリット 第二弾
Booking.com vs 楽天トラベルの第二弾。

今回新たに楽天トラベルのメリットを発見。

Booking.comは、ひとつずつ予約番号があてがわれ、自分が予約したものを一覧で見ることはできない。
マイブッキングページはあるが、予約番号をインプットし、1件ずつ呼び出す形式だ。

すなわち、予約番号を紛失した場合、キャンセルも確認もできない。メールの確認書がこないとか、メールがまぎれてどこかへ行った場合お手上げとなる。

ところが楽天トラベルは、個人ページにいくと、現在予約中の宿・交通機関が一覧で全部出てくる。

その中から変更・キャンセルなどしたいものを選べばいいので、予約番号の控えがなくなっても問題ない。


以前、こんなことがあった。Booking.comで予約した宿の確認書が一切こなかった。で、翌日になって、やっと3件の確認書が到着。しかし1件はとうとうこなかった。すぐくるだろうとタカをくくって、予約時に画面に出てくる番号を控えておらず。

そういう時に限って予定が変わる。キャンセルが必要になった。

Booking.comの問い合わせ専用ページから予約番号を再送リクエストした。が、返事はこなかった。

仕方なく宿に直接キャンセルを入れ(キャンセル料がかかるずいぶん前に)、OKという返事はきたのだが、ネット上の予約が消えてなかったせいだろう、引き落としされてしまった。

宿に文句を言ったら非は認めたものの、クレジットカードへの返金がこちらではできなない、郵送でチェックを送る、などとふざけたことを言ってきた。

この手に乗ると、「送ったよ」とうそをつかれて終わりになる。

超良心的でちゃんとチェックがきても、銀行のハンドリングFeeで数千円とられてしまうから、意味がない。

証拠をそろえて、VISAカードに海外調査を頼むしかなかった。(すべて、先方の言質はとり、書面で残していたので、返金された。)
関連記事
2009.09.18 Fri | Travel-Others| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill