FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
聖書のモチーフ: ユダの接吻
以前パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂にあるジョット作「ユダの接吻」の絵の話題に触れた。

イタリア行きの飛行機の中で、たまたま日経新聞を手にしたところ、この絵の記事に目が留まり、切り抜いておいた。
スクロヴェーニ礼拝堂の入場券を日本から予約し、丁度この絵を見に行く予定だったから、鑑賞時の参考にしよう・なんともグッドタイミング、と喜んだのだった。



イエスとユダの接吻が表すもの。それは、男色系の話、、、ではない。

最後の晩餐に引き続き、陥れたイエスを引き渡す際、顔の見分けがつかない兵士のために接吻をしたユダ。
それを合図に、兵士がイエスを判別し、襲いかかる。

記事にもあるように、接吻という親密な行為が裏切りを表すという、なんともやりきれないシーン。
この絵の中のキリストは、記事では「すべてを見通すような目つき」をしていると書かれている。
見る者にそう感じさせる目力を描き分けたジョットの腕前はすごい。

この接吻のモチーフは、ロンドンナショナルギャラリーのウゴリーノ・ディ・ネリオの絵でも使われている。
描き手が変われば、雰囲気も相当違う。
こちらの絵では、イエスは少々迷惑そう?な、困惑の混じった諦観の表情だ。

実は先日見てきたバルセロナのサグラダ・ファミリアにも、“ユダの接吻”の彫刻があって、少々感激した。
むろん、聖家族も受胎告知もあった。
この教会、スクロヴェーニ礼拝堂同様、丸ごと聖書というわけなのだ。
聖書の逸話に精通していればしているほどに、味わい深くなる仕組み。

ユダの接吻が見られる場所は受難の門、向かって左隅。

P1630923-1.jpg

アップにするとー
P1630923.jpg

ユダがイエスの首筋をぎゅっと抱きしめながらキスしている。
こちらからは、イエスの表情は読み取れない。
ただ、ユダの欲にかられた(*)さもしさが胸に迫る。

*・・・ 金目当てにイエスを引き渡した
関連記事
2009.07.29 Wed | Travel-Spain| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill