FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
カサ・バトリョ
バルセロナ回想

バルセロナでガウディの建築物を見るなら、断然「カサ・バトリョ」と聞いていた。
海をイメージした内部は、奇妙奇天烈な世界が広がっているという。

ほかの建物は、ほとんど外観を眺めただけ。(無料のものには入場したけど - 笑)
ここだけは、16ユーロだか16.5ユーロする入場料を払って見ることに。
でも、

P1630749.jpg

列は30人ほどなのに20分たっても切符売場に到達しない。チケット販売の要領が悪いのだ。
入場のときに録音ガイドを渡されるので、たっぷり1時間は見学にかかってしまう。
結局途中であきらめた。

P1630750.jpg

もっと時間のあるときにこないとだめだ。

5時の列車でペルピニヤン入りせねばならない。
滞在時間が限られていたので、こういうあわただしいときは、広く浅く見る方が向いている。

「今こういうものを見ても上滑りして、心にどっしり響かないだろう」そう思った。
ちょっと名残惜しかったけど。


P1580681.jpg
関連記事
2009.07.24 Fri | Travel-Spain| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill