FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
久々の野球観戦・・で、メジャースポーツの威力を知る
先日読売新聞さんに書評を出して頂いたのでその御礼参りというわけで(?)、東京ドームの読売ジャイアンツvs阪神戦の応援に。

最初からなんか乱打戦の予感。
が、というよりも、終わってみれば巨人の圧勝だった。(11:4)

ホームベースの真裏だったから、ポンポン打って、どんどん本塁を踏んでくれる方がいい。緊迫する投手戦よりこっちのほうが嬉しいや。

たとえば、こんな場面も。
7回表 阪神の攻撃。
代打葛城が2ベースで出塁したあと、バッターは平野。ここでキャッチャーが捕球ミス。3塁手がベースカバーに入いり・・・

P1640841.jpg

おお、勇ましいヘッドスライディング、というよりダイビングだ。

P1640842.jpg

送球のタイミングはきわどかった。でも連携がうまくいかなかったか結局、タッチできず。

P1640843.jpg

セーフ!!

P1640844.jpg

P1640845.jpg

小躍りする葛城。

P1640848.jpg

でも、この日なにより私を一番感動させたのは、ドームを隅から隅まで埋め尽くすファンの多さと声援のすさまじさ。
伝統の一戦だったから、満員御礼状態。

ふと思った。この日来た2球団の応援の人たちの合計(5万人?)って、もしかしたら、ロードレースをかなり真剣に追っている日本全国のコアなファンの総計と同じぐらいじゃないだろうか?(かなりコアなロードレースファン、5万もいないか?)

さらに日本にはあれこれ球団がほかにもあり、全試合数のたった1日だけをとってこの数なんだから、全国津々浦々の野球ファンの数って、想像するだけでもすごそうだ。

ロードレースファンはずいぶん増えたなぁ、と思っていたけど、いやはや、メジャースポーツの威力を見たか、と突きつけられた思い。

P1640680.jpg

今日はTVカメラの真横だった。左右、後ろにもあちこち中継カメラがあった。ホームランでもちゃんと球を見失わずに追い続けるカメラマンの俊敏性にも脱帽。

今日高々とあがったファウルボールが3m脇のほうに落ちてきて、それだけでも自分のところに吹っ飛んでくるんじゃ、と身構えたほど、ボールの行き先って、なかなか瞬時に追えない。

P1640679.jpg
関連記事
2009.07.18 Sat | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill