FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
お勧めの哲学書
さきほどのエントリーに関して、お勧めの哲学書情報を頂きました。

哲学書で私のおすすめは、

 マルクス・アウレリウス『自省録』(西洋古典叢書)
 京都大学学術出版会、水地宗明訳

です。哲人皇帝と呼ばれた人(世界史で習う人)の書き残した日々の断章(アフォリズム)です。
ときどき思い出したとき、拾い読みしたりします。



聞き覚えのある名前です。121年4月26日 生まれ。WIKIによると、「第16代ローマ帝国皇帝。五賢帝の最後の1人。ストア派哲学に精通」。

哲学の普遍性をつくづく感じますね、ローマ時代とは。
関連記事
2009.05.27 Wed | Books| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill