FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
エイプリールフールのプロポーズ & 松濤の「バカール」にて
正確には数日前にプロポーズをしたという●●君。
彼女の返事は、「ちょっと待って、よく考えるから」

そして昨日、念願の返事をもらった。
答えは「YES!」

だけど、●●君は不安でいっぱい。
「実はエイプリルフールでした!」ってオチがつきやしないかと。
ということで、日付が変わるまで、ずっと電話を前にソワソワしてた。

4月2日になって、やっと安心して床についたのだとか。
よかったねぇ!

日本全国、こんなふうにエイプリフールでじらされたりした逸話がごろごろしているのかも。
4月1日って、ネットサーフしていても、「ひっかかるまい」と警戒心全開で踏んばったりして、
やっぱりいつもとどこか違う、特別感のある1日だ。

====

2010年6月追記)
バカール、土曜のランチは終了になったとのこと。つまり、現在はディナーのみ。


下の写真は松濤のバカールにて。
前から気になっていたお店。絶対においしいだろうと。

舌の肥えたマダムたちを満足させるさせる自信がなければこの地は選ばないだろう、そう思わせるロケーション。

で、先日行ってきた。土曜日のみ、というランチに。(平日はディナーのみ)
やはり手抜きがなくお味はしっかりしていて大満足・太鼓判。

もっとも、、、一番安い2500円のコースだったので、余り歓迎されない客だったかと思う。
ターゲットは地元のリッチ層。
5500円のコースを頼んだうえで、ソムリエの人に勧められるがままにお値段見ずにどんどんワインを注文しまくる人たちがこの店では主人公、そんな印象も。

P1510198.jpg

P1510196.jpg

P1510200.jpg

P1510206.jpg


P1510208.jpg

P1510216.jpg
関連記事
2009.04.03 Fri | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill