FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
トゥールダルジャン (レ・コントアール・ド・ラ・トゥールダルジャン)ランチ初体験 
<<2009年末追記: このお店、元アパレルの Bus Stopが入っていた店だけど、2009年半ばに閉店。短い命だった。現在まだ次のテナントは見つかっていない。場所は代官山の結婚式場アーカンジェルの並びだった>>

鴨で有名なフランスのトゥールダルジャンの代官山店で、ランチが1500円(内税)で食せるのを知り、好奇心にかられて行ってきた。
メニューはサラダ+スモークサーモン+パン+好みのコンフィチュール+コーヒー+チョコレート。
あるいはサラダ+鴨などミックスパテ+パン+好みのコンフィチュール+コーヒー+チョコレート。
パンをサンドイッチに換えると+600円。

おかしい、こんな安いわけはない。
ブルターニュ風クレープランチよりも安いだなんて。(なぜだかそば粉のクレープ屋って、おおむねお高い。)
スタンダードメニューが1500円とは。トゥールダルジャンで、だ。

ともあれお試しということで、満を持して店内に足を踏み入れる。
ツーレはサンドイッチ、私はパンにして、コンフィチュールを選んだ。
オレンジフラワーとアプリコット・アマレット。
この取り合わせはナイスチョイスだった。
サービス、お味満足で、ますます、なんでだろうこの値段?と疑問がふつふつ湧いてくる。

とりわけ食事中味わったアプリコットアマレットのコンフィチュールが絶品。
今回は次の予定のせいでバタバタ店を後にしたけど、いつか再訪して、このアプリコットアマレットのコンフィチュールを買いたいなぁ、と思った。

。。。と、突如謎が解けたではないか。
食事に出てきたチョコレートやコンフィチュール、鴨などは店内で販売されている。
2Fにはワインセラーがある。

そっか、破格ランチはあくまでも誘い水。
満足の余韻が冷めぬやらぬうちに、「いかがでしたかぁ?」の甘い声がして、ご自宅でもこの続きはいかが?と暗に誘惑され、思わずお財布のひもを緩める、というのが筋書きなのだ!

でも、ほんと、あのアプリコットアマレットのコンフィチュール、この上なく上品で、アンデルセンのあの長時間熟成パン(私のNo.1・私的に極上パン) につけたらおいしそう。

シナリオに取り込まれるのは癪だけど、また思わず足を運んで、次回は甘いオレンジ色の瓶にまで手を伸ばしている自分が浮かぶ。

P1500833.jpg

P15008401.jpg

P1500845.jpg

P1500852.jpg

P1500853.jpg
関連記事
2009.03.15 Sun | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill