FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
「学ぶ」ということ
イタリア語で「学ぶ」という動詞は「Imparare」だそうだ。
スペイン語とイタリア語は似ていると思い込んでいたけど、なんだ全然違うじゃないか。

スペイン語で「学ぶ」はAprender。フランス語ではApprendre。英語のapprehend(逮捕する・理解する)と同じ語源。
ラテン語の apprehendere(つかむ、所有する)からきた言葉。
つまり学ぶということは、なにかをつかむこと。

がしかし、イタリア語の方は一体どういう筋道でImparareなどという動詞になったのだろう?
手元辞書にはラテン語の in- 内へ + parare (Procure)となっている。

得るという意味のProcure、あるいは準備するとうParareがオリジンらしい。
ということは何かを得て備える、みたいなニュアンスか?

もっとも辞書をさらに見てみると、イタリア語でApprendereという単語もあって、やっぱり習得するという意味だ。

じゃあ一体、ImparareとApprenereは、どう違うんだ?

ネットで調べてみた。(便利なサイトがあるものだ)

Imparareは純然たる「学ぶ」という意味でカジュアルに使える。

片やApprendereはやや堅い表現で、しかももっと広義なのだそうだ。つまりニュースを知るという意味でも使える。
ふーん。

じゃあ英語のLearnは?

Old Englishのleornian、 Middle Englishのlernenが語源 ・・・ か。
ラテン語由来じゃないから、まったく異なる単語になってる。

かくしてひとつの単語でひっかかっているうちに、土曜の朝はあっという間に過ぎていった。
だけどいろいろ「学んだ」。
関連記事
2008.12.13 Sat | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill