FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
オウジにやられた
なんてこった、オウジ(スキルシマノの畑中勇介選手)にやられた!
***

ツールでポーに3連泊したとき、ちょこまか移動して高速を使うたび、脇の林の中に自転車のオブジェが見えた。
ポーからタルブに向かう道すがら、ポーを出て20-30分ほど走ったあたりか。
丁度パーキングエリアになっていて、そこに、このどこかで見覚えのあるこのオブジェが設置されている。

P1390357.jpg

初めてこれが目に入ったときにはたいそう感激した。
この場所は後日あと3回ほど通る予定。
じゃあ、次回はこれの写真を撮ろう。

走りながらこれが見えた途端シャッターを押す、というのを毎回通るたびにやって、とにかく今度は撮れた、今度はミスった!などと一喜一憂していた。

ポーをあとにする日、最後の写真を車窓越しに撮影していたとき、
「でも良く考えれば、ここってパーキングエリア。
だったら、車を止めてゆっくりオブジェそばでシャッター押せばいいわけじゃん」と気づく。

でもすでに時は遅し。
次の宿泊地へと車を走らせ、もうポーには戻ってこない。

でもいい、ちゃんと写真は撮れた。
帰国したらDiaryにアップしよう!

選別しておいた写真をそろそろDiaryに登場させようかなと思いつつ月日は流れ、10月となり、ふとオウジのBlogを見れば、なんと先を越された!
この場所で撮った写真が出ている。(畑中選手10/16エントリー

し、しかも、ちゃんとパーキングエリアで駐車したのち、その場で全景を収めているではないか。
さらに、バンザイゴールする選手の彫像まで、しっかり入っているではないか。

P1390498.jpg

いや、あのオブジェは、高速を走りつつ、車の窓から苦心して、どこまで全景を収められるかチャレンジしながら撮影するのが楽しいのだ。

こんもりした林の木々の間から、ほんの一部ちょこっと顔を見せるのが見えたときこそ、「あ、見えた見えた」とワクワクするのだ。

お手軽に見えないのがいい。
お手軽に撮影できないのがいい。
あのスリリングな感覚が楽しい。
ううん、決して負け惜しみなんかぢゃ・・・ない・・・・?!

P1390539.jpg
関連記事
2008.10.19 Sun | Cyclde Road Race| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill