FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
乗り継ぎ損なったらどうすればいいのか?エアフランスで実体験
P1430571.jpg 今回パリで乗り継ぎ失敗して、そういうときどうしたらいいのかを学んだので、参考までに書いてみたい。

まず、機内で「乗り継ぎ便に乗れそうかどうか」聞いてみた。今回の遅延はパリ空港の霧のせいで、全便離発着休止だったらしいので、日本行きが遅れているといいな、などと思ったわけだ。

するとフラントアテンダントが確認してくれて、「だめそうだけど、でもオートマティックモンに(自動的に)次の便をあてがってもらえるからデスクにいってください」と。

降りてから、「xx様」という看板(つまり走って乗り継ぎをしてほしい人の名前が書かれている)をもった地上職員がいた。自分の便名を告げたものの、xx様の中に自分の名前はないから、多分もう行ってしまったんだな、と悟る。

便名一覧を調べてくれて、「ああ、もう行ってしまいました」って。
とにかくトランスファー(乗継)のところに行ってといわれる。

ミラノーパリ間は日本人はひとり。日本行の便に乗りそこなったのは私だけらしい。

ターミナル2Dのトランスファーの場所はよくわからず、何度も人に聞いた。最後に教えてくれた職員がいいことをいってくれた。

「目の前のトランスファーカウンターにいって、チケット再発行ですね。でも、一旦外に出て、新たに搭乗ターミナル2F(AFの日本行きがいつも出るターミナル)に行ってもいいけど。」

トランスファーカウンターに並べば、チケット発行はあまり説明せずに搭乗券を見せれば直ぐ済むのはわかっていた。

でも、長蛇の列。というのも、霧であらゆるパリ行きの便が遅延していたたまだ。

博打してみる。到着した2Dターミナルからトランスファーゲートを使用せず、出口(Exit)を出て、2Fターミナルの出発ゲートに向かう。
トランスファーゲート経由で搭乗ゲートに行く場合、チケットが入手できないとターミナル2Fへは移動できないけど、出口を出てしまったら、外から2Fへアプローチできる。

さて、2Fターミナルに到着。搭乗券再発行がどこでできるか、5人に聞いて5人が違うことをいう。

仕方なく、適当にチェックインゲート11番の番人に聞いてみると、「日本便のオンレジストロモン」に行け、と。アンレジストロモン=レジスターだから、チェックインデスクのことか。私がいたのはまさにチェックインデスクだったのだが、番号が違うらしい。

さきほど嘘を教えたInformation(再発行はAFのチケット売り場だと言った)に戻って、日本行きのチェックインカウンターの番号を入手。

「12番」だと判明したのでターミナル2Fの12のチェックインカウンターへ。

そこでかくかくしかじか説明。日本行きは出発したばかりで、カウンターには担当者はいたけどお客は誰もいなかったので、即時発行。

「あなたを次の便に入れましたから」と恩着せがましく言われる。

次の便とはいえ、これから10時間も空港で潰すんですから、便があてがわれたわりに私は意気消沈。

「あの、ついでに私の荷物、成田受け取りにしてたんだけど」というと、パソコン画面でなにやら操作してくれて、「荷物も成田行きにこれから積みます」と。

積み替えってなんだか不安。本当に大丈夫なんだろうか?
でもよく考えれば、荷物もミラノから私と一緒に遅れてパリに着いているから、まあ先に日本にいっていることはないわけだ。

途方もなく長い10時間。食糧補給もめんどくさくてぼーっとしてたら、さすがに空腹で気持ちが悪くなりカフェへ。パリ観光の気力もなし。ずっと空港滞在。DFショップ行く気力なし。風邪に加えて、このところの睡眠不足でグロッキー。

さて、話は飛んで、無事搭乗&無事成田到着。

ターンテーブルの前で不安なときを過ごす。とにかくチェックインが搭乗10時間前だったから、荷物が出てくるのは最後の方だろうな。

そもそも積んだのがミラノだし・・・ と半ば覚悟を決める。

思ったとおり前半には出てこなかったけど、それでも一番最後ということもなくわがキャリアケースを見つけたときはほっとした。

絶対出てこないのでは、と疑っていたから、手には、荷物引き取り券をすでに交渉目的で用意していた。

キャリアケースの中にはポルチーニ以外はそれほど未練あるものもそんなになかったけど、1着だけ、未練のある服が入っていたし、とにかめでたし、めでたし。
関連記事
2008.10.01 Wed | Travel-France| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill