FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
縮んだセーターを元に戻す方法
洗濯にも王子がいるようだ。

”洗濯王子”がTVで、縮んだセーターを元に戻す方法を伝授したそうだ。

ヘアリンスかコンディショナーを使って伸ばすというやり方なのだが、これは洗濯王子のみならず、知人の自称洗濯のプロも推奨しており、巷で結構話題になっている方法らしい(追記:その後「伊東家の食卓」でも同様のテーマが出たという。)
もっとも、それぞれ試した人に聞くと、やり方には微妙な差異がある。


いずれにせよ:

○ ヘアリンスあるいはコンディショナー(成分はとくに問わないという)を入れた水(ぬるま湯説もあり)にセーターを漬け込む。時間は10分~1時間と情報源ごとにばらつきあり。
○ 漬け込んだあと、洗面器の中で優しく伸ばす(あるいは放置するだけ)。
○ 乾燥は、タオルドライ=>陰干し、ドライヤー、アイロンを上からプッシュせずにあてる、そのまま脱水する、などのやり方あり。

上記を折衷しながら、やや半信半疑でやってみた。

○ リンスへの漬け込み時間は30分
○ 優しく伸ばしながら
○ 乾燥はドライヤーを遠くからあてた

もっとも、私今回トライした縮んだセーターというのは、一回で縮んだわけでなく、何度も洗って徐々に小さくなってしまったものだった。
毛糸の目が完全に詰まり切ってカチカチに硬くなっていた。
これが戻るとは思えなかった。


===>そしてトライした結果:

戻らなかった。ぬるぬるとした感じにはなって、裏を返せば、かさっとした縮んだセーターに風合いが戻ったかのような錯覚は出たけれど、サイズは見た目には変わらず。


結論:何度も手洗いを繰り返して縮んでしまった毛糸100%のものには適用できないと思われる。

やってみた感触としては、被害が最近のもの、ちょっと縮んだ程度には有効かもしれないが、どうしようもなく小さくなってしまったものには無理なのでは?

いずれにせよ、この方法、決して万能とは思えない。
本番にいく前に、まずは袖の隅で実験するなり、どうなってもいいセーターで先に試してコツをつかむなり、トライアルをしてからの方がいいだろう。
関連記事
2008.09.10 Wed | Useful Information| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill