FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
比較という視点でいえば
先週実家に帰ったら、帰るなり「今年もツールはドーピングがひどかったね」と言われた。
えー、今年は全体の雰囲気としては随分よくなった気がしたのに。
そして今日の報道では、ドーピングが多い重量挙げと自転車は五輪からはずしたいといったニュアンスのコメントが世界反ドーピング機構関係者からあったとか。

90年代後半、「ほとんどの選手が禁止薬物をやっている」と弾劾した当時現役選手だったクリストフ・バッソンは、肩身が狭くなって自転車競技をやめざるを得なくなった。
そういう時代と比べれば、今は随分自浄努力が払われていて、クリーンに向けた前向きな時代に思えるのだけれど。

そしてもうひとつ前向きと思われること。それは去年のモレーニ、シンケヴィッツ、今年のリッコ、フォフォノフが薬物摂取を自白したということ。04年に陽性になって自白したマルク・ロッツ(RAB)は、その後、「周りを見たらみんなシラを切っていた。自分だけ告白して損した」と言っていた。それほど、言わぬが得の風潮があった。

まあそんなこんなで、だから個人的には、最近の状況は新聞に書かれているほどひどくないと思えるのだけれど。むろん、過去との比較という意味において。

写真はポーの宿で見つけた風呂場のボイラー。
サウニエル製で喜んで撮影したが、チームスポンサー撤退となった。

P1390502.jpg
関連記事
2008.08.11 Mon | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill