日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
硬膜下出血
ディメンションデータの選手ベルンハルト・アイゼルが、ティレーノの落車から1カ月半後に脳外科手術、と聞いて我が家の事例がよみがえる。

2016年11月に真後ろに転倒して頭を強打、流血した夫。
救急で行った病院ではCTでも問題なくそのまま帰宅。

でも暫くして頭痛が始まり、たまらず夫は病院へ。
救急の病院はどうもしっくりこなかったので、飛び込みで大病院へ行ったら、
「硬膜下出血だから、今日手術しましょう」になって、私電話で呼び出され入院道具を持参。

こういう脳内出血って、転倒から1カ月後ぐらいにじわじわくるらしく、
痛みに弱い夫はかなり早めに対処できたらしいけど、それでも抜き取った血の量はかなりのものだった。
(見せられた)。

術後、幼児用の試験問題をさせられた夫。
(4つの画像を見て、何の画像だったか思い出すとか)
どうやらあまりに放置してしまうと、障害が出ることもあるようだ。

痛みに弱いことは大事なことなのかもしれない。

関連記事
2018.04.26 Thu | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill