FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
「ユー・ガッタ・メール」はどこがよかったのか
クランベリーズというアイルランドのグループの女性ボーカリストが
病気で亡くなったと知り、あれこれいろんなことが蘇った。



10年前、ジムを変えたばかりで不慣れなパワーヨガのときに
がんがん流れていたのがクランベリーズの「ドリームズ」と
「リンガー」だった。

タイトルは知らず、でもこの曲いいな
と思って歌詞を覚えて帰宅後PCで検索。
でもヨガの後お風呂に入ったりしているうちに
すっかり忘れて、翌週のクラスで再度歌詞覚えに挑戦した思い出も。

そして今回初めて知ったのだけど、そしてアメブロにも書いたけど
「ドリームズ」はメグ・ライアン主演の映画「ユー・ガッタ・メール」の
主題曲だったそうだ。


へえ、知らなかった。
あの映画は見たのになぁ。


あの映画で強烈に残っていたシーンは、
メグ・ライアンがスタバでコーヒーを買って
片手にそれをもって街を闊歩するシーン。

当時日本では、珈琲片手に町を歩く習慣ってなかった気がする。

こんなオフィスガールかっこいいなぁ。。。と思いつつ見てた。


いまやスタバはあちこちにできて、
珈琲片手に、、、なんてありふれた日常になったけど、
それを初めて見せつけたのがあの映画だった。

そしてその”コーヒー片手に”、のシーンでまさにあの「ドリーム」が
流れていたのも知った。


ヨガで奮闘してた自分と
ヨガの曲を必死で覚えた自分と
メグ・ライアンのコーヒーをもつ姿と
ipodでクランベリーズを聞いた日々と、、、

それらがごちゃまぜになって胸に去来して、
ちょっと血圧上昇するのを感じつつ
故人をしのんでこの2つの曲を聴いている。


関連記事
2018.01.17 Wed | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill