日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
池上本願寺の著名人お墓巡り
以前アメブロの方にブツ切りで入れた池上本願寺巡りを
記録のためFC2の方に一括まとめようと思いつつ、数か月経ってしまった。

昨今デジカメで大量に写真を撮るようになって、
以前より写真選びに時間がかかるのが災いしていると言える。

ブログを始めた1999年頃にはプリント式のカメラを使用していたし、
初めて使いだした2000年のデジカメはといえば結構重かった。
さらにまだプリント時代の癖を引きずっていたし画像も今ほどきれいではなく、
バシバシ撮ることもなく、
ブログに入れる画像を迷う時間がなく、効率的だった。

進化ってやつは、時に厄介だ。


さて、東急線の開通90周年記念池上線フリー乗車のチケットを手に入れて、
いざ出陣。


IMG_1011_20171224083810676.jpg


池上駅で降りて、本願寺は歩いてすぐそば。

IMG_0642_20171224083808cda.jpg 


宝塔の朱色が青空に映えてくっきり美しい。

IMG_0647.jpg


よく見うると河原の裏側は色とりどりなだけでなく、
蛇の頭を表していた。

IMG_0650.jpg


五重塔は遠目では沈んだ色彩に見えたのだけど、

IMG_0745.jpg 


くすんだ朱色の肌地にー

IMG_1086.jpg 


干支の彫り物が施されていた。
こちらは牛だったかな。

IMG_0735.jpg


巳年の蛇。
蓮の花と池の流れが表されていて、十二支の中では一番繊細な造形だった。

IMG_0744.jpg



いよいよ、お墓巡りに突入。
スタートはやはりこの人から。
力道山。

IMG_0681.jpg

IMG_0680_20171224083328345.jpg 


記念碑も添えられている。
ご本人の彫像そのままに、堂々としたお墓だ。

IMG_0684_20171224083325aae.jpg


次に目指したのは狩野探幽。
狩野派は江戸狩野がさらに分家しているので、
離れた場所に浜町の狩野派などがあり、分散していた。
けれどそこまで行くには足場の悪い場所を下っていかねばならず、
このあと所要があった私は、狩野家のお墓参りは探幽さんのみにした。


IMG_0653.jpg 

狩野の文字。

IMG_0661.jpg


紀伊徳川家のお墓もあり、大田区文化財になっていた。

IMG_0665.jpg


谷中霊園や増上寺のお墓群を思い出す。

IMG_0669_201712240833290d2.jpg


政治家大野伴睦のお墓も立派。
同氏はプロレスのコミッショナーを務めたこともあり、
力道山には肩入れしていたと聞く。

IMG_0705_20171224083323d68.jpg


大野氏のお墓を守るかのように、吠える虎。

IMG_0714_20171224083322393.jpg


五重塔を見渡す日当たりのいいロケーションには幸田露伴が眠る。
露伴幸田の文字。

IMG_0759_20171224083314546.jpg


帰りがけには一旦お墓を出たところにある英一蝶のお墓。
何度か改葬されるなどした後に、
今はこの場所に落ち着いている。
墓地というより道のわきにあるので、やや違和感はある。

IMG_0782.jpg


彼の絵はそれほど目にする機会は多くはないので
画風がつかめていないのだけど、
狩野派を破門されたことがあるというので、
源流はやはり狩野派なのだった。
下部には「英」の文字。


IMG_0780_20171224083311e65.jpg


次回は狩野派のお墓を総ざらいしたい、
などと野心を燃やしている。
関連記事
2017.12.24 Sun | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill