FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- | スポンサー広告|
NHK「あさイチ」が使ったテーマ曲と、医療関連特集に想う
きのうの「あさイチ」は、病院での治療法関連の特集だった。

処方される薬の種類などの最終判断は患者にゆだねられる傾向にある、
というもの。

この医療系の特集の冒頭、使用されたテーマ曲は・・・・
テレ朝の「ドクターX」だった。
大門未知子扮する米倉涼子が、「わたし、失敗しないので」と啖呵をきるあのドラマ。

ちらっと流れただけだったけど、私の耳は素早くそれに反応。
それとわかったときには思わず笑ってしまった。
お茶目、NHK!

やっぱり昨今のNHK、許容量がどんどん増している。


医療特集の方は少ししか見ることができなかったけど、
確かに私にも思い当たることがある内容だった。

この春病院に行って、この抗生物質を変えてください、と言ったのは
この私。

ここ最近処方された薬のうち、半分は自分で指定している気がする。


ただ、抗生物質変更にいたったあの時は、私から言う前に
すぐさま先に医師の方から変更を提示してほしかった。


ネットを見ると、私が服用していたのは、菌を殺すのに効き目があるという薬剤だったので
処方は相応と思われた。
それ以外のチョイスを知らなかった。

結局症状が悪化の一途をたどり、「効かないので変えて」、と訴えて初めて、「じゃあこっちを」と別の薬物を提案された。

その薬は調べた限り、「菌を増やさないための消極的な役目」をもつ抗生薬、
というのがどのサイトでも一致した説明だった。
ただそれはあくまで一般論で、その薬でも、ひどい状況から根治に至ることもある、といった症例までは明示されていない。

その辺は、医師の日頃の経験や文献による知識なのであり、
そこまでいくと、こちらはお手上げ。

結局薬を変更後、1回服用しただけで効果を実感でき、4日ほどで完治した。
前の薬を1週間飲んでしまったのが悔やまれた。
抗生物質漬けになってしまった。


医師には、少なくとも説明面においては積極的な関りをしてほしいなぁ、とつくづく思った次第。








関連記事
2017.12.19 Tue | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。