FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
辻邦生さんの遺品の数々
学習院大学の資料館では辻邦生さん関連の展示を常時行なっているので
これまで同氏の手稿の一部は目にしたことがあった。

初めて資料館を訪れたのは丁度辻さんのご著書を読んでいた数年前。
以来数回訪問したけれど、スペースが狭いので一度に拝見できる資料数は限られている。

ところがいま開催中の日仏会館の辻邦生展では
比較的広々とした場所が確保されていて、手稿に限らず様々な名残を堪能できる。


こちらは手作りのカレンダー。

IMG_2907.jpg 


イラストが可愛いのだけど

IMG_2907b.jpg


片隅には「305ドルはらいこみ」、などいう書き込みもあって
生活感も漂ってくる。

IMG_2908.jpg 


数々のスケッチや身分証に混じって
パリ時代に作った手作りの表札まで。

IMG_2904.jpg


パリに留学した際の思い出の一つがこれ。
船上の人となった辻さん宛てに届いたエアメール。

IMG_2901.jpg


郵船会社着付けで乗船客にも手紙が届いたらしい。
送り主は恩師の方だった。

IMG_2901a.jpg


どれも保存状態が良くてびっくりする。

フランス滞在中の使用済み切符や落書きまで捨てずに持ち帰ったということは、
これら全ては著書の肥やしにいつかなり得る貴重な資料という位置づけだったのではないか。


日々の積み重ねを物語るこうした品々はきっと
膨大な量の日記のどこかに忍び込み、やがては作品の
ほんの細い撚り糸のどれかを形成しているのかもしれないし、
出番を人知れずじっと待ち続け、待ちぼうけをくらったものたちなのかもしれない。

作家 辻邦生を形成した貴重な宝を存分に見せて頂いた気がして、
とにかく感謝。






関連記事
2017.11.17 Fri | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill