日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
私の履歴書 湯川れい子さん
日経朝刊の「私の履歴書」は、
気に入ったら毎日読むし、自慢話や他人をけなす話のオンパレードだな、と察知するれば
きっぱりやめる。


他人をけなすパターン、、、
これが意外にある。

積年の恨みを大衆に吹聴、というかたちで晴らす人。
某野球OBのはパツンパツンに尖がっていていい気分はしなかった。
途中読むのをやめて最終回を読んだけど、最後まで同じ調子だったようだ。


もうすぐ終わる9月の回は、湯川れい子さん。
音楽評論家で作詞家の。

有名な歌謡曲が彼女の作詞によるものだったとは知らなかった。

いつものビジネスマンストーリーとは毛色が違って愛憎劇場の側面もあり、
野次馬興味も加わった。

芸能界に近い方の回は、たまに世界が狭くてつまらないのだけど、
(どなただったか、女優さんの回では
その人の関心事、つまり”カツラの位置”の話に終始したりして)
湯川さんは国際的に活躍しただけあって、
夫のリクエストに基づきエルヴィス・プレスリーの立会いのもと結婚式をあげるなど、
その行動力には脱帽だ。


本日の回では、東日本大震災の当日に来日したシンディ・ローパ-の公演を支えたお話。

東京公演ではメンバーに大量のひじきの煮物を差し入れしたという。
ヨードが放射能対策になると聞いたから・・・!


私の何倍も体力のある方なんだろうな、と
エネルギッシュな行動を拝読してつくづく思う。

エネルギッシュな女性、そういえばリオデジャネイロにいたかと思うと
時差も感じさせずに直後ににこやかに豊洲に視察をするなど
すごい馬力・タフさだな、と思って見ていたあのお方もそのひとり。

都政に忙殺されつつも、あれこれ策を巡らし一国一城の主を虎視眈々と狙う。
その手際の良さ、根性、強い野心は
私から見れば異次元の世界だ。

関連記事
2017.09.29 Fri | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill