日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
合羽橋初体験
週末、銀座から六本木に移動する途中、
1時間半ほど時間が余った。

どこかで時間つぶしを・・・と思ったとき、
合羽橋に行こう!と思いついた。

IMG_6950_20170829225333d61.jpg 


最近外国人観光客がたくさん押し寄せていると聞く。
日本人の私が行ったことのない場所が、
よその国の人にもてはやされている。

行っておかねば、、とかねがね思っていた。
丁度普段使いのお皿も欲しいと思っていたところ。

この普段使いのお皿というのがなかなか難しい。

しゃれたブランドのお皿は
スペシャルな時にしか使いたくない。

かといってxx銀行のギブアウェーなどは
惜しげなく使えはするけれど味気なさすぎる。
毎日使うには愛着がわかない。

シンプルで飽きがこなくて、
でも分厚い大安売り品でなく、
なるべく薄めで品がいいもの、
できれば食べ物が映える白いものがいいけど、
ただ白いだけのお皿は面白くないので
例えば彫り模様が浅くついているものがいい、、、
などと思ったら、これがなかなか見つからない。

合羽橋といえば調理器具だけでなく
食器も豊富のはず。
しかも田原町には一度も足を踏み入れたことがない。
この町を一躍有名にした食品サンプルも見てみたい。
丁度いい、メトロパスもあることだし
合羽橋に行ってみようと思い立った。


田原町駅から行くと、手前には食器類のお店がズラリとあり、
奥の方に行くと食品サンプルの店がちらほら見つかった。

こちらのお店は、ビールとお寿司のオンパレードだった。

IMG_6949.jpg 


時間的に制作イベントは終わっていたけれど、
小物だけでなく、海産物などの大きいサンプル品もあった。

どいうところで使うのかな。

IMG_6948.jpg


結局お皿は帯に短し・・・という状況で
買わずじまい。

というか、次の予定場所にお皿持参で行くのもなんだなぁ
と、気持ちが萎えたというのもある。

割れてしまっては元も子もない。

ざっと見た感じ、食品はスーパーで十分
わざわざここまでくる必要はないと結論。

ただレストランをオープンしようという人には
よさそうだ。
お手軽に一式が揃ってしまう。
下宿先が決まった大学一年生が
ニトリへ直行し、完璧な学生の部屋が瞬く間にできてしまうように。

私はといえば、
レストランオープンの予定もないし、
食品サンプル作りに興味もないので、
一度行ったら気が済んだ。

リピートはないかな。



関連記事
2017.08.29 Tue | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill