日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ヴェネチアと旧岩崎邸の船底天井、そして須賀敦子さんのマリア様
先日訪れた旧岩崎庭園内ビリヤード室で、ある発見。
天井が船底天井だった。


IMG_3573.jpg


船底天井といえば、思い出すのがヴェネチア・ムラーノ島の教会だ。
(下の写真)

造船所跡が今も残るヴェネチアならではの船底天井、
そんな話を聞いたけど、
日本でもこれを採用した建物があったとは。

ヴェネチアの方が仕切りの幅が狭く、
連なりが長い。さすがに壮観だ。

P1000286.jpg 


こちらの教会上部には、よく見ると丸い窓がついている。
それがあたかも船倉の窓みたいに見えて、
すっかり船のイメージなのだった。

シャンデリアのようなものが設置されていたけれど
(たぶん後年追加)
これはヴェネチアンガラス製。

ムラーノ島といえばヴェネチアンガラスの一大産地だものね。
サン・ピエトロ・マルティーレ教会の光景。


P1000271.jpg 


ムラーノ島でヴェネチアンガラス探しよりも教会巡りというのはレアだけど、
新婚旅行の際にガラス屋さんはあれこれ巡ったので、
穴場と言われる教会に専念したのだった。(2011年の旅行にて)

さらにムラーノ島のドゥオーモの天井にも、
これほど精緻ではなかったけれどやはり船底天井があった。

P1000378.jpg 


目を引いたのは、クーポラにある黄金の聖母。
須賀敦子さんのエッセーに出てくるマリア様を思い出した。

P1000376.jpg 


須賀さんが見たのはトルチェッロ島のサンタマリア・アッスンタ教会。
しかもマリア様単体ではなく、あちらは聖母子だ。

とはいえ、黄金のクーポラにそっと佇むマリア様の様子が
そこはかとなく似ている。
どちらも建造開始は7世紀と古く、時代的に近いのではないだろうか。


P1000398.jpg


船底天井から話がそれてしまったけれど、
要は、
ムラーノ島は、ヴェネチアングラスだけではありません。
教会も見応えがあります、
そして行ったらぜひ天井もご覧あれ!
関連記事
2017.06.30 Fri | Travel-Italy| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill