日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
小林麻央さんから学んだこと
先日亡くなられた小林麻央さんのブログは
ずっと見ていた。

芸能人のブログをチェックすることなどこれまで
なかったのだけど。

とても純粋な気持ちで、上手に気持ちを伝えられていて
好感度が高かっただけでなく、
今の悪い状態が改善するためならなんでもトライしてやる、
といった強い思いが随所に見受けられた。
トライあんどエラー、試行錯誤を続けられている様子は手に取るようにわかり、
そんな強い意志に、敬意を覚えていた。


これは、ひどい病気でなくとも我々に必要な
気概かもしれない。

例えばちょっとした頭痛でイベントを台無しにしてしまうとき、
ずるずると頭痛にやられっぱなしになるのではなく、
これまで試して効果があったものを考えてみて、
或いはなにか人づてに聞いたことを思い出して試してみる
など、能動的、前向き、主体的に動くことの大切さを
教えてもらった。

それは、体調不良だけでなくさらにもっと敷衍して
人生の端々で自分を奮い立たせ、良い方向にもっていく努力をすること、
と言い換えることも可能だ。

「人生は一度切なのだから」という麻央さんの言葉は、
すなおな気持ちが書かせた言葉だろう。

一度きりの人生を、本当に大切に、悔いなく生きておられた。


ふと思い返すのはあの年の元旦の夕方。
初詣帰りにふと冬枯れの景色が見たくて公園に寄ったら、
海老蔵さん、長女・麗禾ちゃんと、麻央さん一家がいらした。
麻央さんのお腹には息子の勸玄君。

実家のお母さまもどこからか登場し、海老蔵さんと立ち話。

海老蔵さんは、飾り気のない真っ白のTシャツ姿。
なごやかで、穏やかな家族の光景だった。

そして麻央さん、マスク姿で顔がすべて見えたわけじゃいけど
キラキラとしたオーラで美しかった。

本当に残念でたまらないけれど、
多くのものを私たちに残してくれた。

改めてご冥福をお祈りします。

関連記事
2017.06.29 Thu | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill