日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
旧岩崎邸庭園の空中階段
三菱財閥創設の祖、岩崎彌太郎氏の長男、且つ
三菱第3代社長の久彌氏が住んだ洋館は、
東京都に寄贈され、今旧岩崎邸庭園として公開されている。

これまで何度か触れたことがあったけれど、
先日じっくり訪れた際、様々な発見があった。


例えば入ってすぐのところにある壮麗な階段が
実は空中階段だった、という事実。

今では訪問者が多いため、細い補助柱が追加されたものの
確かに階段折り返し部分を見ると
下がほぼ空間になっている。


(写真は撮影許可日に撮影)
IMG_3413.jpg


建物はジョサイア・コンドルの設計で、
綿密で正確な構造力学あってこそ、こうした空中階段が実現した。


また、手前の太い柱には木の浮彫が施され、
よく見ると縦に割れ目が見える。

これは円柱の周りに薄い板を巻き付けるかたちで
製作されたためだ。


IMG_3389.jpg 


簡素だけれど、入り口にはステンドグラスもある。

IMG_3379.jpg 
 


部屋の一部にはイスラム美術も取り入れられている。

コルドバで見たメスキータをほうふつとさせる。


IMG_3495.jpg 



洋風の中に突如イスラム様式というサプライズ。
どことなく無国籍風な印象だけど、ふと上を見上げると


IMG_3461.jpg 



天井の細かい模様は、なんと刺繍によるものだった。
モチーフの花は、それぞれ形を変えていて、
イスラムと和が融合した天井なのだった。

IMG_3506.jpg 



こちらはギリシャ神殿のアーキトレーブをも連想させ、
様々な様式の華やかな競演といった感じだ。


IMG_3450.jpg



ベランダのタイルはティーセットなどで有名なミントン製。
わざわざイギリスから輸入したそうだ。

IMG_3430.jpg 


岩崎久彌家勢ぞろいの集合写真。
まさにこの場所で撮影された。

都内の庭園や邸宅見物をしていると、
なんでもかんでも旧岩崎家の・・・といったものにぶちあたり、
この一族の不動産への終着ぶりが際立っている。

けれどこの久彌氏は、小岩井農場を開き、
農場経営や社会貢献にも腐心するなど、必ずしも上流階級の贅にのみ
関心が行った人出はなかったようだ。


IMG_3425.jpg 
関連記事
2017.06.26 Mon | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill