日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
六義園と「名刀礼賛」展と柳沢吉保
◆ 将軍綱吉からご寵愛を受け、刀を50口も頂いた柳沢吉保は六義園の主だった人


現在神谷町の泉屋博古館分館で開催中の
「名刀礼賛 ―もののふ達の美学」展では、
名刀がずらり30口+その周辺の装具が公開されている。

その中に、柳沢家伝来のものが散見された。

柳沢家といえば柳沢吉保。
吉保といえば徳川綱吉から寵愛を受けた譜代大名で、
拝領した邸宅がいまや六義園として開放されている。

以前六義園のつつじ関連記事に入れたとおり。



なんでも将軍から贈答用の刀を50口ほども頂いたそう。
寵愛ぶりも度を越している。
吉保、相当な策士だったのか、と勘繰ってしまいそう。

その柳沢家が大事に保管したおかげで、
今もまばゆい光を放つ刃や、輝く蒔絵の鞘を
目の当たりにできるのだ。


なんでも将軍家では、家宝の刀とは別に
贈答用に相当数の刀を所持していて、
それをことあるごとに
吉保のような忠実な大名のもとにわざわざ行幸して
贈っていたらしい。


頂いた方は、当該の刀の値段を把握して
返礼などを用意したのだとか。


贈答の儀礼、古くからしっかりと日本の文化に根付いていた模様。


その柳沢家伝来の刀の例としては例えばこちら。
ただし、こちらは綱吉が吉保本人でなくその長男 吉里のもとを訪れて
贈ったものとのこと。


葵紋散金梨子地 塗合口拵(「短刀 銘 来国俊」付属)
(俯瞰ケース) 江戸時代 黒川古文化研究所.

*写真は内覧会の折りに許可を得ています。

IMG_2557.jpg 
「名刀礼賛」展より


蒔絵に葵のご紋がついている。
しかも彫り方に少しずつ変化が加えられているらしい。

相当細かいのでかなり近づいて凝視しないとわからないけれど。


そして吉保が妻(正室だったか側室だったか)とともに
散策したといわれる六義園がこちら:

今の時期はさつきと

IMG_3065.jpg 



紫陽花が華やかに咲き誇っている。

IMG_2881.jpg


六義園庭園ガイドツアーで頻繁に耳にした吉保の名が
泉屋博古館の展示につながって、
身近な歴史の授業と言った感じ。

=====


展覧会名: 黒川古文化研究所+泉屋博古館連携企画特別展
      名刀礼賛 ―もののふ達の美学
主催 : 公益財団法人黒川古文化研究所、公益財団法人泉屋博古館
会場 : 住友コレクション 泉屋博古館分館
会期 : 2017年6月1日(木)―8月4日(金)  
開館時間 午前10時00分~午後5時00分(入館は4時30分まで)
休館日: 月曜(7/17は開館、7/18(火)は休館)
入館料 : 一般 800円(640円) / 学生600円(480円) / 中学生以下無料
       20名様以上の団体の方は(  )内の割引料金
関連記事
2017.06.06 Tue | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill