日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
篠田桃紅さんの作品たち: 資生堂の香水瓶のラベル & 智美術館の展覧会
■「篠田桃紅 昔日の彼方に」展 @智美術館 <Sensation>


墨を使った書や絵の制作で知られる篠田桃紅さんの展覧会が
神谷町の智美術館で開催されている。


桃紅さんの名前は知らなくとも、
その作品を目にしたことはあるかもしれない。


例えば、資生堂がかつて出していた「琴(koto)」という香水瓶の書も
桃紅さんが手掛けたものだ。


(以下の写真は、去年資生堂ギャラリーで行われたParfam Japonais展で
展示されていたものです。)

PB080035_20170406212739cb4.jpg 


右上から左下にかけて引かれた線が
ピンと張る琴の線のようでもあり、
匂いと音で五感を刺激する。


五感といえば、上述の智美術館の展覧会で見られる作品の中にも、
リズム感を感じさせるものがあった。


*以下1点の写真撮影は、内覧会の折りに主催者の許可を得た上で行いました。

IMG_0096.jpg

作品は右から、「Golden Epic 神話 2004」、
「Cadenza 奏 1997」、「Phases 相 2011」
*但しタイトルは桃紅さんがつけたものではなく、作品のアイデンティティとして
監修のトールマン氏がつけたもの。



どれもモノクロームの濃淡だけなのに、リズミカル。

特に中央の「Cadenza」は、
躍動感があって、交響曲を奏でているかのよう。


他に、似たようなトーンの「Sonority 響」などという作品もあった。


このように篠田桃紅さんの展覧会では
書の枠を超え、時に抽象画やアクションペインティングに近いものまで、

五感に訴える様々な作品を鑑賞することとができる。


 ******

会場:菊池寛実記念 智美術館
展覧会名:「篠田桃紅 昔日の彼方に」
会期:2017年3月29日(水)~ 5月28日(日)
休館日:毎週月曜日
開館時間:11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料:一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円
※未就学児は無料
.
関連記事
2017.04.06 Thu | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill