日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
日比谷公園の早咲きソメイヨシノ
3月25日の土曜日、フラワーハントに出かけた。

フラワーといってももちろん今回は集中的に桜。

皇居東御苑、目黒川はまだほとんど咲いておらず、
目黒川では、一部の場所だけで見られるしだれ桜の方が先行して咲いていた。

東御苑の後は、日比谷の出光美術館で夫と待ち合わせをしたので、
時間つぶしに日比谷公園に行ってみた。

するとー

IMG_9876.jpg 



7分咲きといった程度の桜が視界に入ってきた。
ソメイヨシノに似ているが、これは早すぎる。
まさか、ソメイヨシノのそっくりさんの交配種とか?
果たして品種は?


IMG_9874.jpg


残念ながら、ネームタグはなく、近くで写真を撮っていたおじさんに聞いてみる。

「この木、まさかソメイヨシノではないですよねぇ?」

すると驚いたことにソメイヨシノに他ならないという返事。
TV番組で都内の早咲きソメイヨシノとしてフィーチャーされていたそうなので
間違いないようだ。

まだ0.1分咲きの目黒川に人々はすでに大挙して訪れる中、
これを目指して鑑賞にきた人はこのおじさんぐらい。

あとはベンチで桜に背を向けて談笑するか、
偶然通りかかって、おお、と携帯を向ける人。

いたって静かな土曜の昼時風景。


IMG_9864.jpg


そばのテニスコート脇では菜の花が満開。
さらに、ヒガンザクラ系の木々が見ごろを迎えていた。

IMG_9852.jpg 



そのヒガンザクラ系の中でも、
東御苑のコシノジュンコ、、じゃなくて
コシヒカリ、、、でもなくて
コシノヒガンの方は今真っ盛り。


ソメイヨシノより軽やかで、
ややひ弱な感じがあり、カンザクラの血筋も入っている印象。

でも、他の木々がまだ芽吹いたばかりの状況では、
中央広場の主役の地位を確固と築き、
外人さんを中心に、多くの人が群がっていた。

下の写真では人がいないように見えるけど、
それは脇方向から撮ったせい。

正面サイドは人が多く、
この角度、穴場!とほくそ笑んだのだった。


IMG_9777.jpg 


北の丸公園に入る入り口付近は
色鮮やかな別品種の桜。
おかめ桜だろうか?
縦に起立しつつ咲く花なので、街路樹にはもってこいだ。


IMG_9755.jpg


もうすぐしたら、これらの花はどっと影が薄くなる。
ソメイヨシノが、そのダントツの本数と、放射線状に枝はを伸ばす存在感で
他を圧倒する。

地味な花たちよ、今のうちに咲いておきなさい、
という天のお告げを聞いたどうかは知らないが、
慌てるように、東御苑では花桃が咲き始めていた。


IMG_9807.jpg 
関連記事
2017.03.26 Sun | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill