日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
六義園のしだれ桜 ライトアップ 
 満開にはほど遠いけど、年間パスを購入したので再訪自由で悔いなし!


文京区・六義園のしだれ桜は3月25日が見ごろと予想されているけれど、
22日に行ってきた。

この時期、夜はライトアップされ、特別に21時まで開園している。
(入園は20:30まで)

まだほんの咲き始めというのは知っていたが、
行けるときに行かねば、というわけだ。

到着は20時過ぎ。


ここのしだれは立派で、
開花していなくても雰囲気がいい。

開花しているのは下方の一部のみ。
ただつぼみも色づいているので、遠目でもピンク色に染まっている。


IMG_9502.jpg 


間近だと、こんな感じ。

IMG_9510.jpg 


夜だからこその、ポイントもある。

ささやかだけどプロジェクションマッピング。

近くから、上空から、様々な角度で桜を中心とした六義園の一帯を
映し出していた。

IMG_9519.jpg 



こちらの向きから眺めると、桜とプロジェクションマッピングが
同時に目に入ってなかなかいいムード。

売店もオープンしており、腰かけて軽食をとるカップルも。


IMG_9535.jpg


まだ1分咲きともいえないぐらいなので
訪れる人はまばら。
その静けさがなかなかよい。


一分咲き未満程度で15分ほどしだれ桜だけを見て帰る、
それでわざわざ駒込まで行く価値があるか?

そんな疑問にとらわれないように、と
年間パスを購入した。


ちょっと気軽に見て帰ってくるのに年間パスは適している。
とはいえ元がとれるかどうかわからない。

なにしろ入園料はわずか300円。
年パスは4000円。

いや正確には六義園だけの年パスは1200円。
でもせっかくなら、と9カ所の東京都庭園すべてに有効なパスにした。

中には入園料150円という場所もあるので、
元がとれる気はしないけど、
今日みたいにあまり咲いてなくてもふらり行ってみようか、
という気になるのがよい。

****


期間 平成29年3月16日(木)~4月2日(日)
    9時~21時(最終入園20時30分)

(1)ライトアップ  日没~21時
(2)さくら茶屋(軽飲食やお土産などの販売)
   場所 けやき広場
(3)抹茶茶屋(抹茶と和菓子のセット)
 【吹上茶屋】9時~20時30分(ラストオーダー20時)
 【心泉亭】平日 12時~20時(ラストオーダー19時30分)
       土日祝 10時30分~20時(ラストオーダー19時30分)




関連記事
2017.03.22 Wed | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill