日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
 英語の掛詞
英語のダジャレ(Pun)を見ていると、
一つの単語の多義性をうまく利用していることに気づく。

いわゆる日本語でいうところの掛詞だ。

こうしたPun遊びのフレーズに親しむことで、
英単語の意味の奥行きが広がり、
英語教育にも有効なのではないかと思う。


例えばこちら:

● DRUNK GETS NINE MONTHS IN VIOLIN CASE 

Case=入れ物、訴訟案件 の二重の意味を利用したダジャレ。
意味は
1)酔っぱらいは9か月間バイオリンケースの中に閉じ込められる。
2)酔っぱらいは、バイオリン訴訟で9か月の刑を言い渡される。



● FARMER BILL DIES IN HOUSE 

こちらはBillを人名とみなすか、法案と取るか、
Houseを家と取るか、下院議院とみなすかで意味が変わる例。

だから、
1)農業を営むビルは家で亡くなる。
2)農業法案は、下院で棄却される。



● PROSTITUTES APPEAL TO POPE

Appealの二重性を笑うもの。
1)娼婦は法王に訴える。
2)娼婦は法王を魅惑する。


もっとギャグ的なPunは、以前のエントリーにて:
関連記事
2017.03.13 Mon | Language| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill