日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
重複コンテンツでブログの信頼性が損なわれた場合の対処法
ブログを移行するためにFC2とアメブロの両方に
同じ記事をインプットしていたところ、
双方の信頼性が低下した気配を感じ取った。

具体的には、自分のエントリー記事を探そうとして
検索にかけたとき、自分のブログがトップに表示されず。

エントリーしたときのタイトルそのままを使い、さらに自分のブログURLの一部を
入れてサーチしたにも関わらず。


調べたところ、重複コンテンツこそが
Googleが嫌う行為であり、
ペナルティの対象ともなり得ることを知った。

(重複はなんとなく避けるべき行為かなとは思わないではなかったけれど、
移行する旨ブログに明記していたのでついそれを続けてしまった。)


そこで:

1.重複削除
古いブログに関しては、慌てて重複部分を削除。
移行する新規ブログにのみ、掲載することに。


けれど、それでは不十分と知る。

検索上に、重複が出ないようにしないといけない。
こちら側が削除しても、すぐに反映はされないのだから。


2.インデックス削除
次に、Suport Googleで削除の方法を調べ実行。
つまり、旧ブログだけ、検索に一切引っかからないようにする。
https://support.google.com/webmasters/answer/1663419?hl=ja

リクエストした翌日には、検索上から本ブログが消えた。
リクエスト後、数日かかることもあるようだ。


これで、旧ブログ=本ブログは検索の世界上では存在しないことになり、
混乱をきたすこともなくなった。

検索停止状態はいつまで続ければ、
問題解決とみなされるのか?

1年ぐらい放置したのち、復活すればいいかな
と思っていた。

けれど、Google君に強制的にクロールをさせれば、
情報はアップデートになる。そこでー


3.強制クロール
Fetch as Googleを使って、更新した内容を反映させることにした。

https://support.google.com/webmasters/answer/6066468?hl=ja


4.URL再登録
重複は解消されたので、URLの復活をすることに。

2で述べたグーグルサポートの内容に従って、
URLの削除をキャンセル・URLを再登録。

翌日、めでたく検索上に復帰した。
この再登録処理は、数日かかることもある。

https://support.google.com/webmasters/answer/1663419?hl=ja
関連記事
2016.12.30 Fri | Useful Information| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill