日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
吉野石膏珠玉のコレクション展 愛と絆 展 @三越本店
三越本店(日本橋)の新館7F美術館(ときに催事場)が侮れない。

前回の鍋島、柿右衛門展も見ごたえがあった。
今は高山辰雄、シャガールを中心とした「吉野石膏珠玉のコレクション展 愛と絆」展開催中

平山郁夫などほかの画家たちの絵もあるけれど、やはり高山辰雄の聖家族は圧巻。

強く愛を訴える、というより、なんかもっとさりげなく、寄り添う運命にある人間たちの世界を
ほの暗い光と、淡い濃淡の線で描いている。

感情を抑え気味に描いているからこその無名性があり、
”誰”という特定の人物ではなく、世界の人々を暗示する。
宇宙観といった壮大な広がりを感じる連作。


平山郁夫氏の桜も幻想的。
端正な筆遣いで描かれた満月を背に、中央に向かって花を付けた枝がしなやかにたわむ。
ブルーモスクの絵は、京都、薬師寺 玄奘三蔵院伽藍「大唐西域壁画」にあった
月の砂漠のような異国情緒が漂う。


杉山寧の「ごう」(漢字が出ない)の煌めく岩肌の微妙な色合いは、
岩絵の具という鉱物使用だからこその自然感、繊細さ。
リアルと夢想のはざまのような凛とした岩々に、白いしぶきが当たって砕ける。



シャガールは、目黒区美術館で見たク連作『ダフニスとクロエ』があり、
以前じっくり見たハズなのに、意外に記憶の中のイメージと一致していなかったりして、
自分のリテイン能力のなさを実感した。


2月1日まで。

入場料:一般・大学生800円/高校・中学生600円[小学生以下無料・税込]
※三越 M CARD、伊勢丹アイカード、エムアイ友の会会員証、三越伊勢丹ホールディングス株主様ご優待カード、障害者手帳のご提示で、ご本人さま、ご同伴1名さままで無料でご入場いただけます。

***

ちなみに次回は「世界を驚かせた焼物 吉兆庵美術館蒐集 真葛香山展 」


次回超絶技巧展:
入場料:一般・大学生800円/高校・中学生600円[小学生以下無料・税込]
※三越 M CARD、伊勢丹アイカード、エムアイ友の会会員証、三越伊勢丹ホールディングス株主様ご優待カード、障害者手帳のご提示で、ご本人さま、ご同伴1名さままで無料でご入場いただけます。
関連記事
2016.01.29 Fri | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill