FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
東欧圏で名前が通じない。。。
上司がチェコに出張に行った。コンタクトを取りたくてホテルに電話した。「Mr.Uedaをお願いします」といったら、全く通じず、「そんな客はいない」といわれた。え??あとでわかったことなのだが、チェコでは、ウエダといっても=UEDAのスペルは全く連想しないそうだ。ローマ字の読みが全く違うらしい。UEDAとスペルも言ったのだが、ユー・イー・ディー・エーというローマ字の読み方自体からして通じない。諦めて、ファックスすることにした。目で見ればわかってもらえる。無事にメッセージは届いた。

このように東欧の国は言葉が大変。ロシア語にいたっては
セルゲイ・ゴンチャルが=>Сергей Гончар
なんていうとんでもないスペルなんだから。

これを読めという方が無理な話。
ロシア通の人の力でゴンチャルという正統的な読み方が判明。
さっそく、「ゴンチャル」とフリガナをふってくれた人も発見=>fucchoの日記さん
関連記事
2006.05.14 Sun | Language| 0 track backs, 2 comments
コメント
この記事へのコメント
セルゲイ・ゴンチャルはロシア人の発音だとセルゲイ・ガンチャールに近いです。



2006.08.09 Wed 10:49:38 | URL | ウクライナ人 #-[ 編集]
ウクライナ人
コメントありがとうございます。
ロシア語は難しい。
2009.01.13 Tue 00:06:02 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill