日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
アレッツォの見どころ / ヴァザーリの家 その2
画家、建築家であり、「芸術家列伝」なる貴重な資料を残した美術史家でもあったジョルジョ・ヴァザーリ。

彼の家は、イタリアのアレッツォの町に複数あるけれど、美術館として体裁が整っているのが、
結婚前に建てた家だ。

以前触れた絵画に彩られたアブラハムの部屋など、彼の想いが強く反映された部屋は
美術館とはまた違うぬくもりに溢れている。


こちらは、アポロとミューズの部屋。

上品な色合いで、壁には自作の絵、或いは彼が購入した他の画家のタブローが並んでいる。
芸術に満ちた館で生活を送ることの贅沢さを日々かみしめていたのでは。

P1730259.jpg


中央、円形部分にいるのが歌と詩のシンボル、アポロ。
周囲に描かれた9人の女性にも、それぞれ寓意が込められている。

P6190764.jpg


左手に竪琴、右手に弓を持ち、
弓の先からは2本の月桂樹が生えている。

空中の2人の天使が、アポロの頭に月桂樹の冠を授けている構図だ。

P6190770.jpg


周囲を取り巻くミューズのうち、同定できている一人がこちら。
仮面を手にする女神は、ドラマをつかさどるメルポメネ。

P6190764c.jpg


地球儀と相対しているウラニアは、天文学の女神。

P6190764a.jpg


本を携えてるのが、詩の女神カリオペ。

P6190770bb.jpg


他の部屋にもミューズの寓意をモチーフにしたものがあり、
当時の嗜好でもあったのだろうけれど、ことさら女神さまがお好きだったと見える。


ヴァザーリの家の外観はこんな感じ。
華美なわけではなく、内装がここまで豪華とは思いもよらなかった。

P1730243_20151205085251459.jpg


扉の右手にヴァザーリの家博物館の文字。
地番は Via XX Settembre, 55, Arezzo。

P1730243n.jpg


ピエロ・デッラ・ フランチェスカ作フレスコ画「聖十字架伝説」の入場チケットとの
共通券もある。
私は気づくのが遅く、別々にチケットを購入したけれど、共通券の方がお得。

P1730244a.jpg
関連記事
2015.12.05 Sat | Travel-Italy| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill