FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
日本の春ほど美しいものはないかと
オランダ風景

帰国した夜、外食しにいってまず驚いたこと:近所のつつじが満開じゃないですか。うわー、きれい!

実はベルギー滞在中、何度もひとりごちた台詞がある(旅が長いと、だんだん独り言が多くなるものだ)。それは、
「なんかベルギーって色がない国だなー」
いえいえ、赤レンガの家並みとかすごくキレイで、感服した場面も大いにある。八重桜に似た花が咲いていたりもする。でも、花のなる木が異常に少ないのだ。オランダもしかり。草地のカーペットはきれいだし、緑は多いんだけど、花のなる木の種類の少なさよ。(写真はオランダ のツヴォッレ。よくある北オランダの風景、たとえばこんな感じ。)

千鳥ケ淵の数キロにわたる桜並木だとか、その前に咲いていたウメ・モモ、今満開のつつじ、これから花開くアジサイ、そういった花のなる木が全然ない。

オランダではチューリップも見た。花壇もある。でも日本の春に見られる草花の多種多様さには、帰国して改めて驚いたりしている。

日本の春って実はものすごく貴重で、もっとありがたいと思わなくちゃいけないんだろうな。4月のこの季節は日本にいるのが一番ステキなんだなーと、ハナミズキの季節をすっかりハズした私は少々残念に思ったりしている。
関連記事
2008.05.01 Thu | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill