日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
エールフランスのマイレージをショッピングに使う
エールフランス(AF)のマイレージで、このほど商品と引き換えてみた。

マイレージの期限は来年1月。
昨今のパリでの忌々しき状況を考え、暫くは欧州旅行の気分でもない。
失効必至と思われたからだ。

とはいえ、エールフランスの商品はラインアップが乏しく、
余り美味しくない。
しかも、航空券引き換え画面はすぐ出るのに、ショッピングとなると、サイトを見つけるのが結構大変。

このまま失効してしまってもいいかと思ったのだが、
これまで、欧州2往復十分できるだけのマイレージを2度にわたり期限切れにしてしまった。(*)
あれだけAFを使用しながら、マイレージ旅行をしたのは、今年6月を含め、たった2回だけだ。
悔しいので、今回はしっかり何かと引き換えることに。


URLは苦労してやっと見つけた。
https://www.flyingblue.com/spend-miles.htmlから
Visit our Flying Blue Store へ行き、(これが見つけにくい!)
http://store.flyingblue.com/
で、品物を選ぶ。


まず注意点。
エアフラは、基本的にフランスや欧州国内への郵送分はラインアップも豊富。
しかし宛先に「日本」と入れた途端、一気にチョイスが激減する。

私の場合、配送先は、以前「日本」に登録済みなので、上に日本と出ている。
日本になっているかどうか要チェック。
実際の配送先でない国を選んでも、いざ郵送画面に行くと、跳ねられる。

私は6月にマイレージでイタリア行航空券と交換している。
行きがプレミアムエコノミー、帰りはエコノミーで、結構マイレージを使ったので、
残りは3万マイルちょっと。

まあ欲しいものはなかったが、ロクシタンのボディクリームセットを選んだ。
残りのマイレージは30ぐらい。
ピッタリの買い物ではあった。


結論としては、マイレージを商品交換で使う場合、
日系航空会社の方が断然お得。
これは間違いない。


(*)AFのマイレージは1年半ですべて失効するので、その間に有料航空券で旅行するのがやっと。
マイレージを使った旅行をもうひとつその間に入れるのはなかなか難しく、
せっかく入れたのに風邪で断念したこともある。
そのときはノーマルマイレージだったのでキャンセル代を払ってマイレージは戻すことができた。
しかしその後、新たな旅行計画を立てられぬまま、マイレージ180000が泡と消えた。

.
関連記事
2015.11.19 Thu | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill