日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
碌山美術館@安曇野がおススメ
教会のような外観。
安曇野にある日本近代彫刻に先鞭をつけたと言われる荻原守衛(碌山)の美術館だ。
碌山がカトリック信者ということで、この外観が採用された。

P1750069.jpg


文化の日は快晴。
蔦もいい塩梅に色づいていた。

P1750090.jpg


この美術館、昭和33年開館といい、近隣の人たちを巻き込んで、手作りといったかたちで建てられた。

そうしたきめ細かい配慮はあちこちに見られ、
人のかたちをしたノブや、

IMG_2342.jpg


キツツキのノッカー、そして

IMG_2344.jpg


Love is art , struggle is beauty.といったオリジナルのスローガンも。
これは、上部の鐘にも書かれていると聞くが(行のバスでビデオを見て事前勉強)、
残念ながら、実際には高くて見えなかった。

IMG_2314.jpg


もっとこじんまりした美術館を思い描いていたけれど、
杜江館、 第一展示棟、第二展示棟など後からの増設と思われる建物もあり、
碌山を中心とした人々の様子が生き生きと浮かび上がる。

P1750098.jpg


庭のベンチには交差したテーブル(?)。
十字のかたちといい、十字にくり抜いた造形といい、やはりキリスト教を意識したフォルムと見た。

P1750105.jpg


企画展には、碌山が憧れた中村屋サロンの女主人黒光の手紙も展示。
女の情念が湧きたつ強い言葉の数々。
ディボース(離婚)、ブラーザー(兄弟)などカタカナで記すなど、ハイカラぶりも滲んでいる。

文末には、本書を燃やしてほしいと言う言葉が添えられていたが、
受け取った主はそれを後生台に保管。我々の目に触れることとなった。

また、碌山の絶作「女」(後ろでに縛られた女性像、その石膏原型が重要文化財)を見た娘が
これはお母さんだ!と言い出したエピソードも綴られている。
(実際碌山は、このヌードを別のモデルでつくりながらも、黒光に恋心を抱いていた。)

こちらはお土産物ショップ。

P1750121.jpg


入口付近には、作品「労働者。」
文展にへ出品後、腕と足を本人みずから切り取ったことで知られる。
ダイナミズムが生まれる結果となった。

近代彫刻の重要文化財数は少ないが、碌山はうち2点(「女」「北條虎吉像」)が重要文化財だ。

P1750135.jpg


バスツアーにジョインしたので、この後は碌山のお墓詣り。
当主は碌山の兄弟のご子孫。
お墓を巡る貴重なお話を伺った。
先の台風で木が折れ、代々の墓がダメージを受けたもの、碌山の墓石は無傷だったとのこと。

IMG_2362.jpg


ツアーには、先にエントリーしたわさび農場でのランチや碌山美術館でのレクチャーも含まれ、
お土産も。
碌山美術館のポストカード、安曇野のおまんじゅうとリンゴジュース、中村屋サロン入館チケット、
中村屋のお菓子セットなどなど。

P1750172_20151104074400615.jpg


アートな秋の1日だった。
関連記事
2015.11.04 Wed | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill