FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
4月12日 : パリ~ルーべ 前日
スタート地点にある巨大人形。今年はジャン・マリ・ルブラン氏が選手らを見送ることになる。
この人形、似ているような似ていないような、微妙・・ 髪の毛はちゃんと1本1本植毛されていて、風になびいていた。

P1270120.jpg

先日某所でお会いしたマヴィックのメカの方が、「パリ~ルーべにいきます」とおっしゃっていたので会場内を探してみたら、なんとこんなところにいました --- なんちゃって表彰台。
日本人メカがコースに出るって、なんだかわくわくします。

P1270130.jpg

ニコ・エックホーウト(トランスポート・ヴランデーレン)を見かけたので、例の件を聞いてみた:
「アルガルベ一周でセバスティアン・シャヴァネルとの間に一体何があったのか?(Ref.3/15トクダネ)」

答えは:「彼がミスを犯したんだ。それも非常に危険なミスだった。僕は左後方で彼の後ろを走っていた。いきなりシャヴァネルが左に進路変更をした。危ない動きで、明らかな判断ミスだった」

こう語ったあと、(彼なりに)とびきりのスマイル!?で写真に収まった。

P1270154.jpg

リラックスムード全開。いつもきさくなロジャー・ハモンド。「当日はがんばるヨ!」

P1270195.jpg

日本でもすでにおなじみモーリ兄さん。

P1270238.jpg

オグレイディはさすがに囲まれて。調子は最高とはいえないようだが果たして?

P1270298.jpg

最近髪の毛をロンゲの巻き毛状態にしている選手が目立つ。トーマス・デッケル、ポッツァート、バッラン、最近フレイレも長めだし、カンチェッラーラも。プロトンの流行?

P1270309.jpg

ポッツァート傍目で見ていてイキがよかった

P1270378.jpg

ボーネンの取材攻撃は相変わらず。丁寧にすべてに答えていたけど、あくまでおとなしく物静かで、競技人生に疲れていやしないか、と心配になるほど。

P1270360.jpg

バックステッドの背中。ゆったりとしたジャージ姿のせいもあるけど、存在感抜群の背中だった。
それにしてもスリップストリーム、相変わらずアーガイルをどこかに入れないと気がすまないたち。
背中上部とキャップ後ろに入っていた。

P1270394.jpg


そのほか:
・ヒンカピーはシェイプアップされすぎていてパヴェに照準をあわせているのだろうか?と疑問に思うほどだったが、静かに闘志を燃やしていた。アイゼルとダブルエースといった感じ。メディア注目度はほかのトップ選手より低め。

・一見やる気なさそうに見えるぐらいまったーりとその場にたたずんでいたエル・パイスの記者カルロス・アリバスは、フレチャがきた途端突進して矢継ぎ早に質問して、その俊敏さに唖然。
あいかわらずICレコーダーなしで、頭に答えを入れてその場を去っていった。

・TVを中心として各メディアがインタビューする中でカンチェッラーラやポッツァートがほどよく強そうという印象。
ストレスに押しつぶされそうなわけでもなく、気合入りすぎて空回りしそうな風でもなく。

関連記事
2008.04.13 Sun | Cyclde Road Race| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill