日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
キングジョージ (KING GEORGE) - 代官山
■ お店の入口が外からよく見えないのにこの人気ぶり


それはすごく不思議な光景だった。

日曜日、天気がよくてすがすがしかったので、テラス付きの店で朝食を、
と思い出かけて行った。

向かいに不動産屋さんがあって、11時前から続々人が並び始めていた。


写真 2 (86)


列は正確には不動産屋さんの脇にできていた。

どうやらビルの脇に別の入り口と2Fへ行く階段があるらしい。
2F・3Fは外から見る限り、食事処のようだった。

11時開店。
人々が店内に案内されていく。

その後も続々人々がやってきた。

近づいて見てみると、King George キングジョージと書かれ
開店時間はわかるのだが、何の店だか一切わからない。

写真 1 (89)


奥、つまり階段につながる入口の方まで行くと
メニューが置かれ、サンドイッチバーであることが判明する、という状態。


写真 4 (26)


でも、あのよくわからない間口だというのに、ひっきりなしにお客さんがくる。

相当有名なお店らしい。
Tabelogを見ると、高ポイントだ。

ずっしりと具がつまったサンドイッチを提供しているようだ。
こちらは朝食を食べたばかりでさすがに食指は動かなかったけど
これは要チェック。

サンドイッチ単品(=具が分厚く挟まったサンドイッチが2個)の価格帯は1500円あたりなので
なかなかいいお値段なのにこの人気。
レビューコメントもなかなかよいみたい。


http://crownedcat.com/
関連記事
2015.09.20 Sun | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill