日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
オルヴィエートのドォーモ 秀逸な扉の浮彫 : アダムとイヴ編
先に訪れたオルヴィエートのドォーモ。
全体をただ見渡すだけでも息を飲む美しさなのだけれど、
細部を見ていくと、その細かい妙技に溜息の連続なのだった。

例えばこの天使。

P1720372.jpg


風にはためき、足元に巻き付く薄い衣、
丁寧に1つずつ彫られた天使の羽・・
個々の浮彫は、それ単体でも見事なのだけど、
でも実は、壮大なファサードのほんの小さなひとつのパートに過ぎない。

4本あるうちの一番左手の柱部分は、 創世記からの引用で
アダムとイヴの物語が彫られている。


● 神が人間を創造 

P1720366.jpg



● アダムの肋骨を一本取り出す神。
(聖書では、眠らされた男から採取されたあばら骨から女を創造、と記されている。)

P1720367.jpg



● アダムの肋骨からイヴ誕生。

P1720368.jpg



● 天使につきそわれた神がアダムとイヴに禁断の実を食べないよう促す。

P1720369.jpg



● それを無視して、アダムが差し出すリンゴを受け取るイヴ。

P1720370.jpg


● アップ:木に巻き付いた蛇が邪悪な目で、リンゴを受け取るイヴを見守る。
蛇の鱗の表現なども細緻!

P1720370b.jpg


● 掟破りを犯し、木の陰に隠れるアダムとイヴを神が見下げる。
聖書にはやはり、神が近づくを聞き、木陰に隠れる2人の記述がある。
(この2人のおびえっぷりが秀逸!)

P1720373.jpg



● アダムとイヴの楽園追放。二度と二人が帰ってこないよう、天使が剣を振り回し、あたりは火に包まれる。

P1720375.jpg


● 上の写真のアップ。
左下に燃え盛る炎の表現。
聖書には、たしかに燃え盛る剣を天使=ケルビムが振り回す、とある。chérubins qui agitent une épée flamboyante,

P1720375b.jpg


● 楽園を追放された2人。
アダムは労働をするよう言われ、イヴにはお産の苦しみa souffrance de tes grossesses, tu enfanteras avec douleurが
与えられる。

P1720376b.jpg


● イヴの方は、ややノー天気ぽい様子だが(上のアップ)。

P1720376.jpg



これらアダムとイヴの物語が彫られているのは、大きなファサードのこの一角。
こんな小さな範囲にも、凝った浮彫がふんだんに施されていて、
つぶさに見ていたら随分時間がかかった。
一泊して正解だった。

P61701692.jpg



壮麗なファサードを構成する小さな芸術作品のきらめき、
洗練された建築芸術の中の、ぬくもりある人物表現、
そういったものが、このドゥオーモを崇高な芸術作品に仕上げている。

.
関連記事
2015.08.19 Wed | Travel-Italy| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill