日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
リゲッタカヌー( RegettaCanoe)の靴 <インプレ>
FBでお友達が購入したという情報を聞いた、リゲッタカヌーの靴。
履き心地抜群、とか疲れにくい、などという評判をチラホラ聞く。

けれどレビューや口コミを見ても、「配送が早かった」などという
流通システムの話ばかりが目につき、履いてみてインプレはどうなんだろう?
と気になった。

まあものは試し、素足で履けるサンダルを探していたので、2足買ってみた。


結果(気に入った点):
1.マジックテープ使いのものを買ったので、外反母趾の私にも無理なく履ける;

2.素足でも足がすりむけることはなく、いきなりの長時間歩行でも問題なし;
(ただ、うち1足は足先ににマジックテープの調整がないタイプで、生地部分が親指の付け根に当たっている感じがあり、少し赤くなった。もう1足は足先にもマジックテープ調整があり↓問題なし。)

3.足底がふかふかしてショックアブソーバーになっている感じがある。

4.先端がそりかえっていて、説明によると、「ローリング歩行」になる、ということで、かかとからつま先まで使えるそうで、
全体を使えるのかな、という実感はややある。

5.靴のヘリが盛り上がっていて、足先がどんどん前にせり出すのを防いでいて、
これは外反母趾抑制にいいのでは、と思った。

6.お値段が安い(7000円未満)ので、惜しげがない。

7.土踏まずがしっかりサポートされているのが実感でき、なんか足によさそう、という気になる。


難点は:
● 重いので、旅行のスペアにもっていくのは不向きだなと。

● そしてこの重さゆえに、上部で足をカバーしている生地の傷みが早くないかな?と若干不安。
つまり、かかと部分とかが傷む前に、上部の生地がよれよれになったり、底から抜けたり、ほつれたりしないか?
と思ったり。これは長く履いてみたからの感想となる。

● 普通の靴より一回り大きく、ややごつい。デザイン次第では武骨で若干服を選ぶと思われるものも。
ただ下記のデザインのものは、比較的エレガント系の服でもOKと思われる。

● ひとつはヒールが高いタイプで、底がふわふわしている分、着地の際にやや不安定感を感じる。

● クッションがあって疲れにくい一方で、長時間履いていると重さで足が少し疲れる感じも。




結論
柔らかい底の感覚が独特で、足にはよさそう、と思える。
カジュアルな外出には重宝だ。
関連記事
2015.08.16 Sun | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill