日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
庭園美術館  アール・デコ展 <見逃せないものたち>
庭園美術館アール・デコ展つづき。

見逃しそうで見逃せないものたち:


こちらの椅子は、背の部分にペインティングがほどこされ、
マリー・ローランサン作なのだとか。

P1730786.jpg


花のような、実のような。

P1730820.jpg


写実のような抽象画のような。

P1730819.jpg


ラジエーターカバーですら、見逃せない。

P1730805.jpg

意匠がそれぞれ違う。
海のモチーフも。

P1730812.jpg


こちらはラジエーターカバーだけでなく、大理石や、開き戸に注目。

大理石は、場所ごとに異なる石を使用。
イタリア産の貴重な金色混じりのものなどは大階段に使用されている。

また開き戸などという実用的なものがあるのはこの部屋だけではなかったか。
妃殿下の居室。
使い勝手のいいように、みずからいろいろと工夫を出され、ときにデザインまでなさったという。

P1730824.jpg
関連記事
2015.08.06 Thu | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill