日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
シャンブルドットのすすめ
フランスでは、一般家庭の空いた部屋に宿泊できるシステム、シャンブルドットがお勧め。

凝った内装や庭などを誇る家も多い。

たしかに場所が不便なことが多い。
レンタカーで細い田舎の道をえっちら行ったこともある。

かと思えば、都会のどまんなかというケースも。

最初に利用したときは新婚旅行時。
代理店経由で予約をした。
パリの16区、という指定しかしなかったのだが、快適だった。
このときは、夕食はついていなかった。


2度目はツール・ド・フランスの最中に。
便利な場所はすべてホテルが満杯で、苦肉の策だった。

今回、ツールの取材時、シャンブルドットに泊まったという綾野カメラマンのFBを見て、
いろいろと共感することが多かった。

たしかに家庭に泊まるデメリットのひとつに、WIFIが備わっていないことがある点。
でも最近ではネットユーザーが増えたせいか、以前より状況はいいかもしれない。
2007年の旅行で泊まったときは、ご主人のWIFIを使わせてもらった。

このご家族は、パリ在住だったものの、いい家を郊外に見つけ、移り住んだという。
部屋が多いので、人に貸している。

庭の緑が美しかった。

P1100298.jpg


部屋もゆったり。

P1100261.jpg

P1100262.jpg


バスタブ付きも嬉しい。

P1100264.jpg


もう一部屋あって、お客さんは我々だけだったので見せてもらった。
こちらはガラリと感じが変わる。
ともに清潔感抜群。

P1100335.jpg


リビングは共有スペースとして使える。

P1100289.jpg


ご主人の帰宅を待っている間、アペリティフが振舞われる。

P1100276.jpg


なかなかのお酒好きらしい。

P1100285.jpg


ご主人帰宅で夕食開始。
前菜はハーブのムース。

P1100327.jpg


その後写真を撮るのはわすれ、しばし堪能。
メインはお肉で、その間ワインが2本開いた。
わたしはほんの少し、ツーレは下戸で辞退。

デザートで我に返って写真撮影再開。

P1100333.jpg


翌日の朝食はわれわれだけで、適宜食べて下さい、という形式。

g_201507180901138cc.jpg


シャンブルドットを経営している人は、たいていおしゃべり好きで感じがいい。
とっつきにくいフランスとは一線を画し、なかなかの”おもてなし”を受けることができる。


シャンブルドットに泊まった2007年の旅日記から:
http://tourdefrance.blog62.fc2.com/blog-entry-92.html
関連記事
2016.10.18 Tue | Travel-France| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill