日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ラファエロ、ミケランジェロ、ボッティチェリ お墓比較
◆ 格差くっきり。晩年道を誤ったボッティチェリのお墓は、ミケランジェロ、ラファエロに比べ、やはり寂しい。
◆ マキャヴェッリ、プッチーニ、ガリレオのお墓も壮麗
◆ ダンテは霊廟が別にあるのに、さらに見事な墓碑まで



フィレンツェ、サンタクローチェ教会には、各界の偉人達のお墓がぎっしり。


◆ ミケランジェロ

先日紹介したミケランジェロのお墓は、画家や彫刻家たちがその偉業をたたえるべく
渾身の力と技で築き上げた芸術作品だった。

P6210522.jpg


上部には、ピエタ(キリストの死を悼むマリアの姿)とおぼしき絵画が鮮やかな色調で描かれていた。

P6210354.jpg



本人の胸像の下に置かれた3つの女神像(絵画、彫刻、建築の寓意となっている)にズームしてみる。

P6210360.jpg



◆ ラファエロ

では、ラファエロのお墓はどのようなものなのか。
去年訪れたローマのパンテオンの写真を再掲する
(ローマ編)

P1320662.jpg


美男の誉れ高い本人の彫像。
このほか碑を彫ったのが画家のアンニーバレ・カラッチだったり、
これまた芸術家たちの競演が見られる。

P1320663.jpg



◆ボッティチェリ

ではボッティチェリはというと、パンテオンにも、フィレンツェのパンテオンと呼ばれる
サンタクローチェ教会にも納められていない。

ひっそりと、街の中心地からはやや外れたオンニサンティ教会の
礼拝堂の中にある。
本名で書かれているせいもあり、ボッティチェリの墓とはすぐにはわからない。


これだ。
え?これ?
そう、胸像もない。これだけ。

P6220625.jpg


修道士サヴォナローラの教義にのめり込み、
人生の後半、身持ちを崩したボッティチェリ。

ヴィーナスを描いた頃の爛熟期の画風は見る影もなく、おどろおどろしい表現方法にとってかわった。

それとともに、彼の存在は急速に抹殺され、忘れられていった。
名誉回復するのはずっと後のことだ。

この寂しい墓碑のゆえんだ。
辛うじて救いは、この墓碑がある礼拝堂は、平凡だけど華麗に装飾されていること。

ただし、間借りしている格好で、ボッティチェリ占有の礼拝堂ではない。

P6220629.jpg


そしてなにより、ボッティチェリ、と書かれた箱、および手すりの上には
世界各国からのボッティチェリ宛てのメッセージが置かれていること。

日本人の手によるメッセージもあった。


とはいえなお、最盛期の状況は勘案されず、
”晩年の”作品の位置づけ・世の中の評価次第で、祀られ方、葬られ方がこうも違うのか、と
しばし愕然とする。


P6220631.jpg



その他サンタクローチェの魅惑のお墓たち。


◆ ガリレオ


ああ、実在の人物だったのだ、と変な感慨を覚えた。
こちらも見目麗しい。

P6210340.jpg


地球は回っている、という言葉を表すかのように、本人の胸像の手元には、望遠鏡と地球儀らしき球体が。

P6210342.jpg


◆ プッチーニ

P6210410.jpg



◆ マキャヴェッリ

P6210370.jpg



◆ ダンテ(但し霊廟はラヴェンナで、こちらは墓碑のみ)


気難しそうな肖像のついた棺のような彫刻。
実はこれはお墓ではない。


北部で客死したため遺骨を納めた霊廟はラヴェンナにあり、フィレンツェの返還要求に応じていない。
それでも、墓碑だけでこんなに凝ったものをつくってしまったフィレンツェ。

崇拝ぶりがうかがわれる。


P6210364.jpg



ちなみにラヴェンナで見たダンテの霊廟はこちら ↓:
(ラヴェンナ編)





ボッティチェリの葬られ方との対比。
その差は、そこはかとなく大きい。
関連記事
2015.06.25 Thu | Travel-Italy| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill