日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
アレッツォから 〜祭りで町中がフィーバー
宿を予約してから気がついた。
この地、アレッツォに滞在中、街でジオストラ=馬上槍試合のフェスティバルが
開催されるということを。

今日は事前の気合い入れ行進と余興があるらしい。
とはいえチケットを持っている人しか会場には入れない。
余興開始前に会場設置の様子を撮影して、夜9時、宿に戻ることにする。

その帰り道、偶然出場4チーム(地区ごとに四ブロックに分けられ、戦う)
の行進に遭遇した。

写真を撮りつつ後を追ったら終点の溜まり場へと迷い込み、
参加者の只中に混じってしまった。

うち1人が冗談交じりに叫ぶ。
「オフィシャルフォトグラファーがきたぞおー。」

ということで、こうなった。

20150619045247f8c.jpg


撮影者は私だけ。
観光者も、ざっと見たかんじ私だけ。

急にあたりが暗くなってきたので、慌ててカメラを交換。
教会、美術館用に買った暗所用カメラがまたも活躍。

さてこのアレッツォ、いままで見たこともない歴史的建造物に溢れている。
折衷様式と思しき柱だらけの教会。

201506190452463aa.jpg


壁の美しさに惹かれて見てみたら、18世紀の天文学者の元住居。
そしていまは、イタリア銀行が入居している。
なんとまあ。

201506190452457a1.jpg


この街はまた、画家で美術家列伝筆者でもあるジョルジョ・ヴァザーリの出身地。
彼が建てた家は博物館になっているのだけど、
ふらっと歩いていたら、生まれた家を発見した。

ひっそりとプレートがあるだけ。
観光ガイドには載ってない。
今は普通の民家として使われている。

ガイドブックに書かれざるお宝があちこちにあって、
そうした不意の遭遇にワクワクしている。

2015061904530199b.jpg
関連記事
2015.06.19 Fri | Travel-Italy| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill