日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
国立公文書館 / 恋する王朝 
◆ 江戸時代にもこんなパロディがあった


伊勢物語の貴重本である嵯峨本が展示されると聞き、先週末開始になった国立公文書館 「恋する王朝」へ行ってきた。

伊勢物語のみならず、源氏物語の保存状態のよさに驚く。

主流の話はまた別途として、江戸時代に伊勢物語のパロディが出て、
そこまでやるか?というようなおふざけもあり、
これは現代にも通じる大胆さ、と思ったのだった。


伊勢物語のパロディ → 「好色伊勢物語」(むかし色男ありけり)、「仁勢物語」(ニセ物語)!

展示パネルにはこんな例も。


これは本物。
伊勢物語第6段「芥川」。

男が女性を盗み出し、おぶって駆け落ちする場面:

Ise2.jpg


それがパロディになると:

Ise1.jpg


アップ:
力持ちの女が男をかっさらい、背におぶっている!!

Ise3.jpg


挿絵に見られる男女の機微など、国立とは思えない(?)しなやかな視点で展示され、
館内はいつもになく女性たちでにぎわっていた。

写真撮影OK。

*****

「平成27年度 第1回企画展 恋する王朝」
会期 平成27年5月30日(土)~7月11日(土)
開館時間 月~土曜日  午前9時15分~午後5時00分
※入館は閉館の30分前まで、日曜日は休館
会場 国立公文書館 本館
入場料 無料

http://www.archives.go.jp/exhibition/index.html
関連記事
2015.06.04 Thu | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill