日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
白金台(プラチナ通りつきあたり)にあるドンキホーテがプラチナ色の件
ここを行きかう人たちのことを、人呼んでシロガネーゼという。
港区白金台、スノッブな人たちが集う街。

”白金”にちなんで、目抜き通りは”プラチナ”通りと命名され、
こじゃれたスイーツの店や小物の店が建ち並ぶ。

この通りが目黒通りとぶつかった場所に、新しい大型店舗ができた。
どことなくシックなたたずまいながら、どうもほかの店とは違う匂いがする。


写真 (91)


激安の殿堂、とあるので、ドンキホーテのパクリかと思いきや、
これがかの正真正銘、(黄色x黒xペンギン)激安ショップ「ドンキホーテ」なのだった。


写真 (95)



スタンダードなドンキホーテはこんなかんじ:

20150601095910f42.jpg


郷に入れば・・・的な大変身。

こんなお上品な佇まいで営業する気があるのなら、
他店舗(六本木とか)の外装も、こんなふうにスタイリッシュにすればいいのに、と
思うほど。
(でもやっぱりあの俗っぽさを売りにし続けるのだろうな。)

とはいえ店内をチラ見すると、いろいろごたまぜ大セール感は健在で、
”外見とりすましたものの本性は変わらないドンキホーテ”、といった風情なのだった。

そしてこれが、この上品な界隈にあって意外にも大盛況。

ブランド品に身を包み高級なランチを食べつつ、シロガネーゼ気分を謳歌しても、
心の奥ではやっぱり安売りが好き、
そんな複雑なスノビズムが透けて見えるかのようだった。


(*追記: ちなみにこのエントリーを入れた直後の09:16、Yahooニュースに白金のドンキホーテの話が掲載された。
単なる偶然。というか、私の投稿は8時台だったので、わずかに早いのだけれど。
それによると、ドンキホーテのラインアップの中でも高級志向になっているとのこと。
高級品をお安く、というコンセプトらしい。)
.
関連記事
2015.06.01 Mon | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill