日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
イタリア ウフィツィ美術館の自画像 コレクションに追加になった日本人画家3人
意外なことながら、フィレンツェにあるウフィツィ美術館は、膨大な数の(1700点以上)自画像を有しているそうだ。

この収集傾向に勢いが付いたのは1981年。
ウフィッツィ美術館400周年記念事業として同館は、世界中から自画像寄贈を求めたという。
しかし日本からの寄贈は当時実現せず。

時を経て、2010年になって、日本を代表する3人の画家が自画像寄贈の栄誉に預かった。

その3氏とは、草間彌生さん、横尾忠則さん、杉本博司さん。
以下のURLで、それぞれ寄贈した作品が見られる。

http://www.nmao.go.jp/press/pdf/uffizi_press.pdf


なお、日本人として自画像コレクションに収められているのは上記3名のほか、
レオナール・フジタ(藤田正嗣)がいる。

ただし、彼の作品は自画像キャンペーンとは別に、それより以前スイスの収集家から一気に作品を
手に入れた際の中の一枚として入っていたそうだ。


なお、このような話がなぜ今頃取沙汰されているかというと、
いまイタリアルネサンス期の絵画に熱い視線が注がれているからだ。(*)

ルネサンスといえばフィレンツェ、ウフィツィ美術館、、、ということで
同美術館にまつわるいろいろな話の一部として、この話題が登場した。

(*)来年、スゴイ展覧会が実現する予定なのだ!
http://www.tobikan.jp/exhibition/h27_botticelli.html

写真 (90)
関連記事
2015.05.30 Sat | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill