日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
井浦新さんのトーク
日曜美術館の司会でもお馴染みの井浦新さん。
トークを聞く機会があったのだけど、朴訥な感じで日曜美術館の雰囲気そのままだった。

Q&Aで真摯に答える姿が印象的。
素朴な印象すらあるのに、どうしてあれほどアクの強い役がこなせてしまうのか。

自分を無にするのが上手な人、ということなのかもしれない。
写真家井賀 孝さんとの2人の掛け合いトークだったのもよかった。
(井賀さんの写真についてはまた別途書くつもり。)

気心知れた人同士のトークは、お互いの「素」と「味」が引き出せるので
モノローグよりもいい気がする。

お2人がコラボした富士山での撮影ロケはハードそのものだったようで、
富士山の恐ろしい一面を垣間見た。

井浦さんも趣味の写真にかなり力が入っているようで、ロケの合間にも
写真を撮りまくり。
感情を写真に閉じ込めることのむずかしさを話していらした。
関連記事
2015.05.08 Fri | Society| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill